『オープン・シークレット』発売!

 
トニー・パーソンズの新刊が、今日12月15日に発売になった。

「神様のかくれんぼ」のみずほさんはこの原書のファンだそうで、最近の記事(オープン・シークレット)でこう書かれている。

これはトニーが書いた唯一の本です。すごく優しいトーンの本です。シンプルに、淡々と、優しく、私たちの存在の核心、幻想の核心、苦しみの核心を描写しています。

本当にそうで、どちらかといえば過激な表現が目立つ彼の対話集とは違って、かなり抑えられたトーンで語りが進む。笑える部分は皆無。その意味ではトニーの本の中では異質なのだが、この著作だけが改版、改訂を重ねられているというのは面白い。

かなり短い本ということもあって、今回は訳者あとがきを長めに書かせてもらった。トニーの他の本やトークCDからの引用もだいぶ入れて、今までに書いた訳者あとがきのなかでは一番の力作 (少なくとも量的には) 。

それと、前の記事で書くのを忘れていたが、この本のカバーの絵は出版元 (ナチュラルスピリット) の今井社長が自ら描いたものだそうだ。すごく印象的で、一度見たら忘れられない。

ということで、僕の10冊目の訳書になるが、よかったら書店で手にとってみてください。

トニー・パーソンズ『オープン・シークレット』

【おまけ】衝撃的なコーヒーを最近発見した。エチオピアのイルガチェフェやグジの味が好きで、ここ1〜2年くらいはそればかり買っていて、たいていは岡山のONSAYA COFFEEか福岡のオオカミコーヒーのものを通販で入手するのだが、ちょっと浮気して他の店を試してみて、それが大当たりだった。挽くときの香りから冷めたあとの味わいまで、完璧以上の出来で、ここまでの完成度がありえるとは想像していなかった。クリーンで、香りのパワフルさと繊細さが両立していて、何かのエネルギーが身体をゆっくりと満たす。しかも価格は相当良心的。大規模な焙煎所ではないようで、今年の分が売り切れたら困るから大声では知らせたくないなあと自分のなかのケチなおっちゃんが心配しているが、コーヒー好きな人に知らせたくなった。こちら (とっくに知ってるよ!という人、どうもすみません) 。「ああ、自分もいい仕事がしたい!」と飲むたびに思う。

トニー・パーソンズ『オープン・シークレット』発売告知

 
『オープン・シークレット』(トニー・パーソンズ著) の発売日が12月15日に決まったようだ。

オープン・シークレット

原著のThe Open Secretはかなり短めの本で、1995年に刊行されている。書き始めた当時、トニーには「解放」はまだ起こっていなくて、本が発売され、小さなトークの会を開いているうちにそれは起こったらしい (起こることではないが)。

彼の他の書籍とは違い、対話をまとめたものではなく、すべてトニーが自分で書いた文章が詰まっている。だからなのか、彼のいつものリアクション的な毒舌はどこにも見られず、わりと静かな感じで語りが展開する。

「(会場爆笑)」みたいなノリの良さとはほぼ無縁で、トニーのミーティングの雰囲気があまり出ていない気がして、僕としては一番好きな本とは言えなかった。だが、「けっこう残るなあ」と、今回翻訳をしながら感じた。

何が残るのだろうか。何かの余韻のような、懐かしさのような。決して強烈ではないが、深く染み渡っていることに気づく。

それと、この本はこの分野ではちょっと珍しいハードカバーだ。本文の紙も少し分厚い。ちなみに英国で出されているトニーの書籍のカバーには、ジョン・ミラーという画家の作品が使われている。派手さはないが、静かに印象に残る。今回の日本語版のカバーはハッとするような油絵だが、これはジョン・ミラー作品ではない。誰が描いたものでしょうか? (ヒント: 出版社)

ということで、『何でもないものがあらゆるものである』とは少し違った感じで読める本だから、トニーが好きな人、興味がある人はぜひ。

『オープン・シークレット』(Amazon)

***

【おまけ】最近再び注目を浴びている(?)『ただそのままでいるための超簡約指南』を、pariさんが再読されたそうで、メルマガで取り上げていた。感謝。
『アセンション館通信』――ジェニファー・マシューズ再読

【おまけ2】このブログで継続的によく読まれているのが、じつはジョン・シャーマン関連の記事。彼のメソッドをごく最近やってみたという人のブログを発見。12月4日開始の「人体実験」シリーズ。
テキトーエレガンス

グレッグ・グッド『ダイレクトパス』発売日

 
グレッグ・グッドのThe Direct Pathの邦訳『ダイレクトパス』の発売日が6月20日6月21日に決まったようだ。

前の『気づきの視点に立ってみたらどうなるんだろう?』が「グレッグの赤本」だとしたら、今回のは「青本」だ。

原書はけっこうなページ数で、そして自分でも実験を繰り返しながら訳を進めていたせいで、出来上がるのにだいぶ時間がかかってしまった。長く読まれる本になりそうな予感があったこともあり、これまで以上に念を入れたかもしれない。

世界、身体、心の順番でダイレクトパス式の実験を進めながら解説をするタイプの本。40程度の実験が紹介されている。

面白いのは、同じ実験でもそのときどきによって発見が異なっていることだ。「そりゃそうでしょ」という感じで発見が特にない場合もあったりするが、別のときに同じ実験をしてみると、「あれ?」となることがある。

だから、バーっと流し読みをするというよりも、じっくりと腰を据えて取り組むのがいいように思う。ネットには本書の読者専用のグループもあって(英語)、それを見ていると、それぞれの人がいろいろな箇所でひっかかっている。1年、2年と続けていたら急に突破したというような話もあった。

どんな人に向いているか、どんな人におすすめできるかは、よくわからない。何かの縁のある人が自然に手に取ることになるのではないかなと空想している。

『ダイレクトパス』 (グレッグ・グッド)

目次は以下のとおり。

===

はじめに
この本の使い方 / 誰のための本か / 愛 / 非二元の探究と従来型の療法 / 中心的な問題 / ダイレクトパスにおける解決法 / ダイレクトパスはどう機能するか / ダイレクトパスの何が「ダイレクト」か / 本書が採用するアプローチ / 分離 ― 客観性という虚偽の主張 / 客観性と主観性の両方からの自由 / 用語についての注釈 / 誰が認識するのか、これを書いているのは誰か

第一部 世界
物体 / ここでの戦略 ― 客観性の有無を検証するため / 素朴実在論 / 知覚相対性の批判 / 表象実在論と「知覚のベール」/ 現実効果 / 実験について / 聴覚 / 視覚 / 嗅覚 / 触覚 / 味覚 / 激しさ / 動き / 巧妙な現実効果― 複数の感覚の一致? / 世界に関する結論

第二部 身体
物体として / 感じる主体として / 気づきの容器として / 物体としての身体 / 感じる主体としての身体 / 身体は何を感じているのか / 知覚作用 / 痛み / 感じる主体としての身体に関する結論 / 容器としての身体 / 西洋文化における容器のメタファー / 気づきは脳から生じるのか / 容器としての身体についての結論 / 身体― まとめの実験

第三部 心
なぜ心が重要なのか / なぜ心を調べるのか / 心を出し抜く / 幕間の豆知識 / 機械の中の幽霊 ― 疎外を生み出すメタファー / 容器のメタファー / 鏡のメタファー / 東洋も例外ではない / 直接の経験はどうなっているか / 心の構成部品 / 心の対象 / 同時にふたつの経験? / 心の構造 / 心の機能 / 心の状態 / どこまできたか

第四部 観照意識
二種類の観照 / 不透明な観照 / 不透明な観照を調べる / 欲求、意志、選択 / 気づきにレベルはあるか / 時間と空間 / 真実 / 透明な観照 ― 苦しみの終わり

第五部 非二元の認識
となると、何が残ってる? / 道からの自由 / 愉しいアイロニー / 愉しいアイロニーと言語 / ダイレクトパスにおける教え

訳者あとがき / 注 / 索引

===

追記: Amazonでのタイトル表記が「ダイレクト パス」と間に空白が入っていることについて、「ダイレクトパスではなくてダイレクト パスなのか」というメールが届いた(笑)。タイトルを決めるのは出版社で、訳者は関与していないのでこれはなんとも言えないが、「ナチュラル スピリットのスター ピープル」とか「プレミア リーグでのスーパー ゴール」などとは書かないはずだから、たぶんこれは直されるはず。ちなみに別のオンライン書店(ここここ)では「ダイレクト・パス」になっている。