『カシミールの非二元ヨーガ』発売日

 
ビリー・ドイルの Yoga In The Kashmir Tradition の邦訳の発売日が2017年8月18日に決まったようで、Amazonで予約可能になっている。


『カシミールの非二元ヨーガ ― 聴くという技法』

最近思うのが、目覚めが部分的なものに留まっている場合、そこにはいくつか欠けているものがあるということだ。それは、自然とのつながり(自然としての自分の認識)、明け渡し、他者とのかかわり、それから身体の解放ではないかと感じる。

そして、それが欠けていないとき、覚醒だの非二元だのは既にどうでもよくなっている気がする。逆に言えば、目覚めや悟りといったことが気になってしまうのは、そうしたものが欠けていることを教えてくれているのではないか。

自然とのつながりについては、通常考えられている以上に重要であるという印象がこのところ強くなっている。アマゾン流域ではそこに生息する何百万種もの虫や微生物や小動物が発するそれぞれの振動が人間に究極の癒しをもたらす、といった説を聞いたこともあるが、それよりもずっと直感的なものだ。

明け渡しについては、超越者という表現を使うのが妥当かどうかはわからないが (「真の自己」でもいいかもしれない)、そうした何かに明け渡すことは欠かせないと思う。ただし、明け渡しはもし起こったらそれは恩寵であって、自分で無理にするようなことでないのはたしか。

他者とのかかわりに関しては、自分でもよくわかっていない。独りで山にこもって得る悟りは途中までしか行かないんじゃないかという気がするのと、最近、人と深く共感するという経験をしたときに自分が溶けるような感じがあって衝撃的だったのとで、重要な要素としてすごく気になっている。

それから、身体の解放。20代のころ、別冊宝島か何かのボディワークの本でロルフィングについて読んだときに、筋膜の緊張を解除すると過去からの感情的なしこりにも深い影響が及ぶという点がとても印象的だった。それが本当なら、たとえばバイロン・ケイティのワークを徹底的に進めたとしても、どこかで限界に突き当たってもおかしくない。逆に、フォーカシングで心理的なワークをすることで慢性的な身体症状が一瞬で消えるという例も聞いたことがあるが、いずれにしても、「身体は存在していない」の一言で片付けようとしても、そうはいかないのは間違いない。

身体のワークを長く追究してきた人の場合、目覚めたあとの「行ったり来たり」や「また戻ってうんざり」が比較的少ないという話も聞く。インドのハタヨガにも、そういうことに備える準備的な意味がもともとあるという説も目にしたことがある。

それと、身体の解放は、自然とのつながりや明け渡し、他者とのかかわりといった他の部分にも密接に関わってくる要素だという気がする。

と、勝手な独り言が長くなってしまったが、今回のビリー・ドイルの本は、ジャン・クラインの教えのうち身体に関する部分を中心にまとめたもので、「身体は概念としてしか存在していない」という非二元の教えと「身体の緊張が事実を見えなくさせている」というボディワークの成果が高度に融合している。思想的にはかなり難解なのかもしれないが、本で提案されているアーサナや呼吸法はそれほど難しいものではなく、誰にでも取り組めるものだと思う。アクロバティックなものは皆無だ。

加工食品はできるだけ避けた方がいい、といったジャン・クラインの実践的アドバイスも含まれていて、トニー・パーソンズ系のメッセージとはだいぶ趣が異なっている。

ヨーガをかなり究めている人にもおそらく面白い本になりそうで、パラパラと眺めてもらえたらと思う。ヨーガをする気がまったくない人にも (自分?)、ジャン・クラインの教えのエッセンスがまとまっている本として、おすすめです。

『カシミールの非二元ヨーガ ― 聴くという技法』 (ビリー・ドイル)

関連記事: ビリー・ドイルのアプローチ (2016年5月10日)

『オープン・シークレット』発売!

 
トニー・パーソンズの新刊が、今日12月15日に発売になった。

「神様のかくれんぼ」のみずほさんはこの原書のファンだそうで、最近の記事(オープン・シークレット)でこう書かれている。

これはトニーが書いた唯一の本です。すごく優しいトーンの本です。シンプルに、淡々と、優しく、私たちの存在の核心、幻想の核心、苦しみの核心を描写しています。

本当にそうで、どちらかといえば過激な表現が目立つ彼の対話集とは違って、かなり抑えられたトーンで語りが進む。笑える部分は皆無。その意味ではトニーの本の中では異質なのだが、この著作だけが改版、改訂を重ねられているというのは面白い。

かなり短い本ということもあって、今回は訳者あとがきを長めに書かせてもらった。トニーの他の本やトークCDからの引用もだいぶ入れて、今までに書いた訳者あとがきのなかでは一番の力作 (少なくとも量的には) 。

それと、前の記事で書くのを忘れていたが、この本のカバーの絵は出版元 (ナチュラルスピリット) の今井社長が自ら描いたものだそうだ。すごく印象的で、一度見たら忘れられない。

ということで、僕の10冊目の訳書になるが、よかったら書店で手にとってみてください。

トニー・パーソンズ『オープン・シークレット』

【おまけ】衝撃的なコーヒーを最近発見した。エチオピアのイルガチェフェやグジの味が好きで、ここ1〜2年くらいはそればかり買っていて、たいていは岡山のONSAYA COFFEEか福岡のオオカミコーヒーのものを通販で入手するのだが、ちょっと浮気して他の店を試してみて、それが大当たりだった。挽くときの香りから冷めたあとの味わいまで、完璧以上の出来で、ここまでの完成度がありえるとは想像していなかった。クリーンで、香りのパワフルさと繊細さが両立していて、何かのエネルギーが身体をゆっくりと満たす。しかも価格は相当良心的。大規模な焙煎所ではないようで、今年の分が売り切れたら困るから大声では知らせたくないなあと自分のなかのケチなおっちゃんが心配しているが、コーヒー好きな人に知らせたくなった。こちら (とっくに知ってるよ!という人、どうもすみません) 。「ああ、自分もいい仕事がしたい!」と飲むたびに思う。

トニー・パーソンズ『オープン・シークレット』発売告知

 
『オープン・シークレット』(トニー・パーソンズ著) の発売日が12月15日に決まったようだ。

オープン・シークレット

原著のThe Open Secretはかなり短めの本で、1995年に刊行されている。書き始めた当時、トニーには「解放」はまだ起こっていなくて、本が発売され、小さなトークの会を開いているうちにそれは起こったらしい (起こることではないが)。

彼の他の書籍とは違い、対話をまとめたものではなく、すべてトニーが自分で書いた文章が詰まっている。だからなのか、彼のいつものリアクション的な毒舌はどこにも見られず、わりと静かな感じで語りが展開する。

「(会場爆笑)」みたいなノリの良さとはほぼ無縁で、トニーのミーティングの雰囲気があまり出ていない気がして、僕としては一番好きな本とは言えなかった。だが、「けっこう残るなあ」と、今回翻訳をしながら感じた。

何が残るのだろうか。何かの余韻のような、懐かしさのような。決して強烈ではないが、深く染み渡っていることに気づく。

それと、この本はこの分野ではちょっと珍しいハードカバーだ。本文の紙も少し分厚い。ちなみに英国で出されているトニーの書籍のカバーには、ジョン・ミラーという画家の作品が使われている。派手さはないが、静かに印象に残る。今回の日本語版のカバーはハッとするような油絵だが、これはジョン・ミラー作品ではない。誰が描いたものでしょうか? (ヒント: 出版社)

ということで、『何でもないものがあらゆるものである』とは少し違った感じで読める本だから、トニーが好きな人、興味がある人はぜひ。

『オープン・シークレット』(Amazon)

***

【おまけ】最近再び注目を浴びている(?)『ただそのままでいるための超簡約指南』を、pariさんが再読されたそうで、メルマガで取り上げていた。感謝。
『アセンション館通信』――ジェニファー・マシューズ再読

【おまけ2】このブログで継続的によく読まれているのが、じつはジョン・シャーマン関連の記事。彼のメソッドをごく最近やってみたという人のブログを発見。12月4日開始の「人体実験」シリーズ。
テキトーエレガンス