リック・リンチツの魂

 
3月15日に発売されるリック・リンチツの『あなたも私もいない』(No You and No Me) を発売前に送ってもらった。役得。

リックは4年ほど前に癌でこの世を去っているが、初めて彼を見たときの記憶は鮮明に残っている。2011年のSANDカンファレンスだったが、まだすごく元気そうだった。

そのときのことは、このブログでも少し書いたが (これ)、「覚醒」「目覚め」というのは個人が保持できるようなものじゃないということを軽やかに表現していた気がする。というか、その非個人性が全身から香っていた。壇上から語りながらも、その「上」とか「下」が幻であることが明らかになる場だった。

代替医療的な色彩の強い癌専門のクリニックを経営していた医者で、呼ばれたときにしかサットサンはしていなかった人だ。リックの師のサティヤム・ナディーンも「先生活動」をやめたあとは、自然のなかでの独居を続けているらしい。そういう一歩引いた感じに僕は弱い。

この本は、ミーティングでの対話を書き起こしたものに、付録という感じで対談が最後に付けられている。明記はされていないが、編纂を担当したキャサリン・ノイスさん(関連のブログ記事) が対談相手のようで、彼女がよくわからないジョークで勝手に笑っていて多少当惑させられる。録音を聞けば、ニュアンスがもう少しわかるのかもしれないが、ともかくあの対談をよく訳したなあと感心してしまう。

リックはまったく方法を示さない人だから、好き嫌いはもしかしたら分かれるかもしれない。瞑想しろとも、今ここに気づきを向けろとも、座れとも、座るなとも、ミーティングに行けとも、行くなとも、先生を探せとも、探すなとも、とにかく何も指図しない。

ガツンと来る一言、決めセリフは特にない気がするが、この本 (原書) はなぜか何度も手にとって読んでいる。本棚から取り出した回数でいえば、洋書ではベスト3に入りそう。ジョン・ウィーラーのすっきり感とロジャー・リンデンのいたずらっぽい笑みを足して、そこにレオ・ハートンの妥協のなさのスパイスを・・・って、邦訳書が出ていない人ばかりで意味不明ですね。

原書のカバーとまるっきり雰囲気の違う表紙デザインと、ちょっと微妙な感じの帯の言葉が気にはなるけれども、あんなに素敵な人がこうして一冊の本の形でメッセージをこの世に残してくれたことに感謝しつつ、おすすめしたい本です。

『あなたも私もいない』リック・リンチツ(3月15日発売)

Amazonレビューレビュー。

 
本が好きだから、Amazonが日本で商売を始めたときはけっこう狂喜した。Amazonが薦めるままに本を注文していたら、年間で数十万円も買っていて驚いた記憶もある。

今はさすがにそういうことはない。「この商品を買った人はこんな商品も買っています」とか「よく一緒に購入されている商品」のところに「オッ」という本が並んでいても、すぐには買わない。まずはメモしておいて、それがたまってきたらジュンク堂など地元の書店に行って実物を見て、買うかどうかを判断する。結果、9割は買わない。

それでもAmazonには大きな魅力があって、それは早い配達ではなく (最近は山梨でも当日に到着したりするからびっくりするが)、レビューだ。

といっても、自分が訳した本に書かれた五つ星レビューを眺めてニヤニヤするとか、そういうことではない (するけど)。

「これはいいねえ」という本に出会ったときに、その本のAmazonレビューを見て、いい感じのレビューをピックアップして、そのレビュアーさんが書いた他のレビューを読む。誰でもやっていることだとは思うが、これがけっこう素晴らしい出会いにつながる。

つい最近の例だと、as it isさんという方 (レビューページ) 。非二元だけではなく認知療法や宗教など幅広くユニークなレビューをしていて、その人がハーディングの本のレビューのなかで、モーリス・ズンデルという名前に触れていた。

目にしたことがなかったから調べてみたが、だいぶ前に亡くなっているスイスの司祭だということだった。それがきっかけで、『沈黙を聴く』という素晴らしい本を知った。

さらに、その『沈黙を聴く』にすごく静かで奥行きのあるレビューを書かれているクロネコさんというレビュアーさんの存在を知った(レビューページ)。この方はかなりの数のレビューを書かれているのだが、エックハルト・トールやフランシス・ルシールの本にも、控えめでありながらなんとも言いがたい説得力が感じられるレビューを記している。

そのおかげで、エックハルト・トールの未邦訳本や、食わず嫌いだったティク・ナット・ハンの本をいくつか知ることができた。他のルートでは多分出会わなかったと思う。

それからミラーナイトという名のレビュアーさん (レビューページ) がいる。仏教、禅、中論などの本に丁寧なレビューをたくさん書かれている。たしか荘子の本経由でその存在に気づいたのだったと記憶しているが、その方のレビューで可藤豊文という人を知り、『自己認識への道』というとんでもない本 (いい意味で) を知ることになった。

Amazonのレビューシステムがなかったら、まず出会わなかっただろうと思う。本屋でも可藤豊文氏の著書は一度も見かけたことはない。

こういう出会いはAmazon.comやAmazon.co.ukでも当然あって、これまでに何冊も素敵な本に出会っている。(ジョーイ・ロットもきっかけはAmazon.comだった)

ただ、必ずうまくつながるというわけでもない。たとえば、自分がものすごく気に入った本に、「この本は最高だ。非二元の本、悟りの本を今までに100冊以上読んできたが、これがあれば他はいらない」とレビューしてあって、「そうだよ、本当にそう」と思いながら、その人の他のレビューを読むと、それっきりになっている例。つまり、本当に探求が終わってしまったらしく、それ以降は家電製品やサプリのレビューばかりになっている。

それはそれでめでたく思わないといけないのかもしれないが、本好きとしては不満が残る。特に僕の大好きな J・C・アンバーシェルあたりについては、彼と同じくらい素晴らしい著者や本を誰か紹介してくれないかなあと、Amazon.comのレビューを定期的に覗きにいくのだが、皆無ではないけれど、あまり成果がない (新たに知ったのはCharlie Hayesくらい)。

と書いていて気づいたのだが、自分でレビューを書いていないからかもしれない。受け取るばかりじゃなく、ちょっと書いたほうがいいのかも。

それで思い出したが、「ヒロさんはAmazonレビューを読むとアジズのSPをけっこう重要視しているのに、ブログではほぼ触れてませんね」と数年前に誰かからメールが来たことがある。

これは「ヒロ違い」で、非二元本を何冊もレビューしている別のヒロさんというレビュアーさんがいて(ここ)、その人と混同したらしい。僕はアジズもインドのディクシャ爺さんも好きじゃないし、そもそも非二元関係のレビューをAmazonに書いたことはない。

いずれにしても、Amazonには明らかに世話になっている。地元の書店を応援しなきゃと、和書はリアル書店で買ってばかりだったが、Amazon経由で知った本はAmazonで買うのが筋なのかも (洋書は今もほぼすべてAmazonだから筋は通してます)。

【おまけ】みずほさんの『オープン・シークレット』の感想、というかトニーの描写がすごい。こういう人に訳書を読んでもらえるなんて、僕は前世と前々世と (以下略) でよほど徳を積んだに違いない。
http://kamisamanokakurenbo.blogspot.jp/2017/01/blog-post.html

『オープン・シークレット』発売!

 
トニー・パーソンズの新刊が、今日12月15日に発売になった。

「神様のかくれんぼ」のみずほさんはこの原書のファンだそうで、最近の記事(オープン・シークレット)でこう書かれている。

これはトニーが書いた唯一の本です。すごく優しいトーンの本です。シンプルに、淡々と、優しく、私たちの存在の核心、幻想の核心、苦しみの核心を描写しています。

本当にそうで、どちらかといえば過激な表現が目立つ彼の対話集とは違って、かなり抑えられたトーンで語りが進む。笑える部分は皆無。その意味ではトニーの本の中では異質なのだが、この著作だけが改版、改訂を重ねられているというのは面白い。

かなり短い本ということもあって、今回は訳者あとがきを長めに書かせてもらった。トニーの他の本やトークCDからの引用もだいぶ入れて、今までに書いた訳者あとがきのなかでは一番の力作 (少なくとも量的には) 。

それと、前の記事で書くのを忘れていたが、この本のカバーの絵は出版元 (ナチュラルスピリット) の今井社長が自ら描いたものだそうだ。すごく印象的で、一度見たら忘れられない。

ということで、僕の10冊目の訳書になるが、よかったら書店で手にとってみてください。

トニー・パーソンズ『オープン・シークレット』

【おまけ】衝撃的なコーヒーを最近発見した。エチオピアのイルガチェフェやグジの味が好きで、ここ1〜2年くらいはそればかり買っていて、たいていは岡山のONSAYA COFFEEか福岡のオオカミコーヒーのものを通販で入手するのだが、ちょっと浮気して他の店を試してみて、それが大当たりだった。挽くときの香りから冷めたあとの味わいまで、完璧以上の出来で、ここまでの完成度がありえるとは想像していなかった。クリーンで、香りのパワフルさと繊細さが両立していて、何かのエネルギーが身体をゆっくりと満たす。しかも価格は相当良心的。大規模な焙煎所ではないようで、今年の分が売り切れたら困るから大声では知らせたくないなあと自分のなかのケチなおっちゃんが心配しているが、コーヒー好きな人に知らせたくなった。こちら (とっくに知ってるよ!という人、どうもすみません) 。「ああ、自分もいい仕事がしたい!」と飲むたびに思う。