収縮、解放、個人の不在 ロジャー・リンデン

 
ここ数日、何を求めているのか分からないまま、求めている感覚がとても強くなっている。桜の季節は毎年多少気が変になるから、そういう季節性の変動だと思えばいいのかもしれないが、続くと嫌になる。

先週も同じようなことをしていた気がするが、アジャシャンティの動画を見たり、ダグラス・ハーディングの本を読んだり、誰か今まで知らなかった人が素晴らしい表現をしているのではないかとネットを探索したりと、無益なあがきを続けた。が、気分はよくならない。

そもそもリアリティの本質を認識するとか、真の自己を知るとか、そういうことは頭がどこかから借りてきた観念的な目標のはずだ。だから、それを求めなくてはいけない理由は何もない。求めている感覚が消えさえすればいいのだ。(真の自己を認識しないかぎり、何を使ってその欠乏感を満たしたとしても最終的にはそこに戻ってくる、という理屈はわかる気もするが、それはどうでもいいという気分だ)

どこに救いを求めればいいのか分からず、寝る前には世界平和の祈りに没頭しようとするが、その祈りを通して自分が救われればいいな、というスケベ心が見え隠れして、余計に気分が悪くなったりもした。どこかのインタビューで誰かが言っていた「fake me (偽物の自分)」という言葉がぴったりくるような感じだ。

と、気分の悪さの自慢はこのくらいにしておいて (実際には、悪い悪いと書けば底を打って少しはよくなるんじゃないかというケチな作戦なのだが) 、ロジャー・リンデンがConscious.TVのインタビューで語っていることの一部を紹介したい。

Roger Linden 4 – ‘The Elusive Obvious’ – Interview by Iain McNay

== 以下、ロジャーの言葉の一部の訳 ==

苦しみと収縮

基本的に苦しみというものは、呼吸、それから目の周りの緊張、身体の張り、そしてみぞおちや後頭部や首や喉の緊張に関係しています。こうしたものすべてが、身体の内側に誰かがいて何かをしているという考えから生じています。

ですから、この中に「自分」がいるという感覚があるときは、その感覚を強化するようないくらかの収縮が生じているんです。「自分がやっているんだ。自分があそこに注意を向けているんだ」と。

でも、収縮はやわらぐことも緩むこともあるということがわかると、苦しむことが難しくなってきます。それでも収縮に戻ろうとする動きは起こります。それが強い習慣になっているからです。ただそれと同時に、健やかな状態にありたいという欲求もあります。ですから、少し練習をすれば、よい気分になることはできます。

よい気分でいることは自然なことです。逆に、不快な感覚をずっと感じ続けていることは不自然なことで、なにかが間違っているということを表しています。そして分かることは、緊張と抵抗が間違っているんだということです。そのため、呼吸をやわらげることは大いに役立ちます。とても簡単なことだからです。

解放とは

ここまで気分を良くする簡単な方法について話をしてきました。通常の意味で言うと、今にあって、思考の抽象性にあまり巻き込まれず、過去や未来についての夢想にあまりふけらないことは、役に立ちます。そして、あまり抵抗をしないことで、身体や感情の苦しみが減ります。

ですが、今にいてやすらぎを感じるということは、解放とはまったくなにも関係ありません。やすらぎや良い気分は意識のなかに現れます。でも、これは重要なことですが、それが意識そのものを変えることはありません。どんな気分になろうが、それで解放が起こることはありません。覚醒や解放に近づく上で自分の状態が何らかの役割を果たすはずだと、長年にわたって私も思い込んでいました。

「一定の状態」にあることができるような個人的な自分というものは一度も存在していなかったという認識は、きわめて奇妙なものであるかのように聞こえるかもしれません。それは大変な喪失であるように感じられるかもしれません。人生を正常に経験するためには絶対に必要な何かが失われることであるようにです。「自分がいなければ私は誰なの?」と。

でも、これは実際に存在していたものが失われるということではないんです。これは、これまでずっと間違っていた思い込みが失われるということです。

ですから、実際のところ変わることと言えば、外側の世界だと思っているものを見ている分離した自分が存在しているという感覚がなくなり、経験がただ現れているという認識が生じるということだけです。そして、これ (自分の身体を指差しながら) は経験の一部になります。

== 以上 ==

この部分を聞いていて、アジャシャンティの動画で見た以下のような言葉を思い出した。

「認識が起こると、それはこんなものだろうとマインドがそれまで考えていたこととはまったく違うものだということに気づきます。これまでに、覚醒した多くの人の話を聞きましたが、それが自分が考えていたとおりだったという人には一人も会ったことがありません。すべての人が、考えていたのとは全然違ったと言います」

これを聞くと、その「全然違う」感を体験したくなってしまうのだが、そのときロジャーの収縮の話を思い出し、息を詰めていることに気づく。

すると、息はゆるむ。面白い。

奇妙なのはどちらか?

 
今月トニー・パーソンズのレジデンシャルに参加した際、ある参加者の女性と何度か話した。彼女とは帰りの列車も同じだった。イングランドの地方都市に住んでいる人で、以前2年ほどムージのサットサンに通っていたらしい。

彼女は最近覚醒が起こったということだった。その語りに耳を傾けながら様子を見ていると、まるで赤ちゃんのようで、世界の驚異に本当にびっくりしている感じがありありと伝わってきて、楽しかった。

何度か言っていた言葉の中に、bizarreという言葉がある。辞書によれば、「怪奇な,奇異な;とっぴな,奇妙な」という意味だ。

ただし彼女がbizarreだと形容していたのは、覚醒後の認識や知覚のことではない。

その逆で、覚醒前の認識や知覚がとてもbizarreだと言うのだ。個人というのが身体の中に存在していて、その内側の人間が外側にある世界を見ているという(一般的な)世界観をどうして信じていられたのか、それが不思議で仕方ないという風だった。

「だって、そんなことありえない・・・」と言いながら、窓の外の緑の丘や、暖炉の揺れる火を見つめる彼女の目は、本当に赤ちゃんそのものだった。

そのことを思い出していると、昨年フィンドホーンで出会った二人の男性のことが頭に浮かんだ。

ロジャー・リンデンのリトリートで会ったのだが、二人とも、リトリートの終わり頃に何かが起こったらしかった。

食事のときに、そのうち一人からその変化について話を聞いた。彼は、「とても奇妙だ。だが、とても自然だ。この認識に何も新しいことは無い。だが、全然違う」と、言っていた。言葉自体は覚醒が起こった時に人々が言うことと大差ない気がする。だが、彼の目が語っていたことに僕は興味をひかれた。

僕が質問をするたびに、彼の目は、「変化の前の感覚を思い出すのが難しい」という風に宙を泳いだ。方向感覚を失った人のようだった。奇妙な夢から醒めたけれどまだその余韻が残っている、という感じを受けた。

彼はbizarreという言葉は使っていなかったが、strangeと何度か言っていた。

もう一人の男性は、僕のしつこい質問にやさしい微笑みを返しながら、あまりそのことについては答えてはくれなかった。ただ、朝起きたら自分がなくなっていたというようなことを言っていた。

そして、彼の目は「君が見ている世界は、実は君が思っているようなものではないかもしれないよ」という感じで、ときおり奇妙な光を放った。

***

トニーのレジデンシャルで会った彼女は、面白いことに、自分の子どもや夫、仕事の話になると、普通の主婦の表情に戻り、しばらく話した。まったく普通に。

そして、ふと話が止まり、「bizarreだわ。こういうストーリーを信じてしまうんだから」と言って、本当におかしそうに笑った。その目はキラキラに戻っていた。

関連記事
トニーのレジデンシャル 2012年秋
ロジャー・リンデン at フィンドホーン

シフトという魅惑

 
何らかの気づき、覚醒、悟りについて語るということはトリッキーだ。

話す方はそれを非個人的なもの、ストーリーを越えたものとして話していても、受け取る方は往々にしてそれを個人的なもの、ストーリーの中にあるものとして理解する。

昨年ロジャー・リンデンのフィンドホーンでのリトリートに行った際、参加者の一人のイギリス人女性と話している時に、そのことについて何度か気づかされたことを思い出す。

彼女はいわゆる一瞥を体験した人なのだが、僕が「あなたがそれを認識したときには〜」と質問しようとすると、「私が認識したのではなくて、ただ認識が起こったのよ」と何度も繰り返した。

「そうは言っても、その認識について語っているのは目の前にいるあなただし、あなたが認識したというふうにしか感じられない」と言うと、「そうね。まさにそこがポイントなんだけど」と困ったような面白がるような顔をしていた。

昨日、ロジャーとの今回二度目のセッションに行ったとき、同じことを質問した。非個人的な覚醒、非個人的な認識と言いながら、なぜそれはいつも特定の人物の口から語られるのか、と。

ロジャーの答えはこんな感じだったと思う。

「(自分を指しながら)ここに誰かがいて、(僕を指しながら)そっちにも誰かがいて、こっちの誰かとそっちの誰かが会話をしているということであれば、そういう質問も成立するかもしれない。でも実際には、ここで起こっているのは経験であって、その経験をしている「人」は誰も存在してないんだ。

質問をしているという経験が経験されていて、答えが特定の身体 (それも実際には観念なのだが) から発せられるという経験が経験されているだけだ。

誰かがそこにいるという証拠はない。本当にない。

夢の中に誰かが出てきて、その人だけが真実を知っているかのように話しているとする。でも、それは、誰かが存在しているということではない。ただ、そのような経験が起こっているように夢の中では感じられる、というだけなんだよ。

ここで起こっていることもそれと同じだ」

でも理屈の上ではそうかもしれないが、そうは感じられないと言うと、

「シフトが起こったとき、自分が身体の中の存在だなんていう実際には何の根拠もないことをどうしてずっと信じていたのか、奇妙に思った。それと同時に、そのことをずっと知っていたこともすぐに分かった。もちろんそうだった、と」

という感じのことを言っていた。

そんなことを話しているうちに、前日までの愉快な気分が消えて、「ああ、分かりたい!」という渇望がよみがえってくるのを感じていた。

その後、夜のミーティングにも参加した。15人ほどが参加していた。

同じようなことがロジャーによって語られ、同じような質問が出ていた。結局のところ、シフトもしくは覚醒が起こらなければ、このことは認識されないし、それが起こるかどうかは全くコントロールを超えているから、どうにもならないという雰囲気になっていた。

途中、沈黙が続くと、自分の身体感覚が変わるような気分を何度か味わったが、それはロジャーのミーティングで以前にも感じたもので、「どうせミーティングが終われば消える」と、どこかで冷めていた。

ホテルに戻り、最新の記事の翻訳許可の件でジョーン・トリフソンにメールをしたのだが、ロジャーのところに行ったら探求と渇望のエネルギーが思いっきり戻ってきたということを書いた。

今朝彼女から返事が来ていた。思わず吹き出して、すぐに楽になった。こんな返事だ。

「もう、まったくあのシフト連中と言ったら!

探究すべき本当の質問は、シフトするのは誰なのか、誰がそんなことを気にするのか、ということじゃないかしら。

その質問を探究すれば、シフトは自分にも起こるのかなあというような懸念は、蜃気楼のような分離した自己という視点からしか出てこないし、そういう懸念はいつも幻の自己を参照しているんだ、ということに気づきはじめるでしょう。

全体という視点からしたら、どんなシフトも〈永遠に続く一つの踊り〉の中の非個人的な動きだし、そこには踊っている人はいないのよ」

ということで、ロジャーは実際にはシフトを個人的なものとして話していたのではなかったのだろうが、自分は確かに個人的なストーリーの中で起こるものとして受け取った。

そのあたりが、この時々「かくれんぼ」に喩えられるゲームの面白さであり、馬鹿らしさなのかなと思う。