身体収縮に対するエクササイズ スコット・キロビー

 
スコット・キロビーの身体関連エクササイズについて紹介してほしいというリクエストがあったから、短いものを訳してみた。

この文で紹介されているティア (階層) という概念は、スコットの別の文によるとこんな感じ。

ティア1: エネルギー的な自己収縮
ティア2: それが思考、感情、身体感覚として現れたもの
ティア3: それが主に何かを探し求める行為や作用として現れたもの

でも、実際にそういう層が存在しているわけではなく、問題解決のための概念として使えるからそういう分け方をしているらしい。

それと、文中に出てくるリビング・インクワイアリー (Living Inquiries) というのはいくつかのテクニックを含むもののようだけど、詳しくはわからない。ここに出てくるエクササイズの目的 (思考が活発なときにそこから離れる) のためには、QEのように思考をただ見るということをすればその代わりになるのかなとも思う (かなり適当)。

原文: Tier 1 Body Contraction Exercise 1: Restful Tapping

== 以下、訳 ==

ティア1 身体収縮に対するエクササイズ 1 – くつろぎのタッピング

「ティア1 身体収縮」の意味がわからない人は、この記事 (英文)を最初に読んでほしい。簡単に言うと、収縮というのは各チャクラの領域にある密度の濃いエネルギーだ。頭のてっぺんから股間までつながっているホースを想像してみよう。静かに座って、そのホースのどこがよじれている気がするか、注意してみる。それが収縮だ。収縮の場所を見つけるもうひとつのやりかたが、強烈に何かがしたくなったり、何かにはまってしまっているように感じたりしているときに、自分の身体を感じてみるということ。感情や渇望の下には固くて濃密なエネルギーがある。それが収縮だ。普通問題になるのは、どの収縮から取り組むかということだ。性器から頭頂にかけて各チャクラに順番にワークしていくほうがいいという教えや方法もある。それでもいい。もしくは単純に、一番密度が濃い感じがする領域、あるいは依存的な渇望が起こっているときに活発になる領域からはじめてみてもいい。

依存に関係する身体の収縮に対して、つぎに紹介するエクササイズを僕は自分自身でもしてきたし、キロビー・センターでほかの人たちにもやってきた。そういう濃密なエネルギーを解き放つのに、このエクササイズはかなり役立つことがある。依存だけでなく、僕が収縮と呼んでいるこの強い分離感に関係するほぼすべての苦しみを楽にしてくれる。

エクササイズは目を閉じたままで行う。

  1. まず収縮したエネルギーを自分自身として感じることから始める。考えないこと。そのエネルギーの外側にいようとしたり、気づきとしてそれを観照しようとしたりしない。完全に感じる。考えないというのは、そのエネルギーに名前をつけず、頭を休ませておくという意味だ。頭が働いてしまってエネルギーを直接感じられない場合は、リビング・インクワイアリーを使って、収縮したエネルギーから注意を逸らしてしまう頭の中のストーリーをくつろがせる。
  2. 収縮を感じながら、その収縮についている、あるいはその収縮の近くにある形かイメージを探す。エネルギー自体がイメージや形になっていることもある。見つけた形やイメージを見ながら、その身体感覚としてくつろぐということを続ける。エネルギーに形もイメージもついていない場合は、収縮そのものだけをやさしくただ感じる。
  3. エネルギーを感じ、そこにある形やイメージに注意を向けながら、収縮に対してこう言う。「現れてくれてありがとう。愛してるよ。好きなだけここにいていいからね」。これは収縮に対する抵抗をしずめるのに役立つ。これを言ったあと、くつろぎながら、エネルギーやそこにある形やイメージをしばらくそのままにしておく (10秒から30秒) 。
  4. 2本の指の先でつぎの場所を順番に7回ずつ軽くとんとんとたたく。眉間、目の横 (こめかみ側) 、同じ目の下 (頬骨の上)、首のつけね (鎖骨の上)。最後に収縮そのものがある場所を7回軽くたたく。たとえば腹部で収縮が感じられるなら、そこを7回指でたたく。
  5. 片手の手首を反対の手でつかむ。深く長く息を吸い、深く長く息を吐く。
  6. くつろいで、自分の身体の内側と外側に空間がひとつの空間としてあるということに気づく。この時点では何もしない。収縮がその空間と融け合うままにする。
  7. 収縮がどう感じられるかに注意を向ける。もっと固くなっただろうか? それともやわらいだ感じがするだろうか?
  8. 最初に戻って、収縮がどこかに行くか、ほとんど溶け去ってしまうまで、1から7を繰り返す。

このエクササイズを毎日最低1時間は行う。それに加えて、1日に何度か短時間行う。依存的な渇望、もしくは不安や鬱のような感情的なトリガーを強く感じている場合は特に。

このエクササイズは、収縮がどこにあるかに関係なく、頭でも身体でもどこにあるどんな収縮に対しても行える。

このブログ(http://naturalrestforaddiction.com/blog/) (英文)を引き続きチェックしてほしい。依存や不安や鬱などの問題に使えるくつろぎのタッピングのいろいろなバージョンを紹介していく予定だ。

このエクササイズは、ナチュラル・レスト、リビング・インクワイアリー、EFT式のタッピング、ハワイ式の許しの実践の変更版を組み合わせている。

== 訳は以上 ==

1日1時間という文字を見た時点で、怠け者の僕などはさっさとあきらめてしまうが (ビッグ・チルやQEはその意味でとっつきやすい)、実際に効果が出た多くのケースがあるらしい。

スコット・キロビーの記事の紹介はたぶんこれでいったん終了。

覚醒したと言うにはまだ早い スコット・キロビー

 
スコット・キロビーという人がいる。何年か前に初めてSANDカンファレンスに行ったときに、彼がジェフ・フォスターと一緒にやっていた1日ワークショップに出たことがある。(関連記事)

自分はゲイだとか麻薬中毒だったという話を冗談まじりに、だけど真剣に優しく話す姿に好感をもった。たしか弁護士で、頭のよさそうな話しかたをするけれど、先生然としたところはない。

ただ、なんとかスクールみたいな形をつくって、複数の「認定」トレーナーを所属させたりするようなやり方には少しだけなじめないものも感じる。それと、Amazon.comで非二元関係の本に、「〜の著者 スコット・キロビー」という署名付きのレビューをやたらと投稿しているのも、宣伝がすぎる感じがして、押しに弱い僕は引いてしまう (と言っても、レビューの内容はどれもフェアで、参考になるものばかり)。そんなことで、何冊も出ているスコットの本はいまだに読んだことがない。

でも、ノンデュアリティプレスの最新の出版案内でスコットの文が「いい!」と紹介されていたから読んでみた。面白かった。たくさんの「目覚めた人たち」と交わってきた彼ならではの洞察。「たどりついたと思ったら疑え」と、言っていることはアジャシャンティと同じような感じだけど、スコット流のちょっとした辛辣さ、にじみ出る優しさ、ユーモアのブレンドがユニークだ。翻訳の許可をもらって、訳してみた。

原文: Premature Claims to Awakening

== 以下、訳 ==

覚醒したと言うにはまだ早い

そう、覚醒は起こる。

そう、覚醒には、思考や感情や身体感覚と同一化しないということも含まれている。

そう、覚醒には、現実と分離の性質についての認識が微妙にあるいは強烈にシフトすることがからんできたりする。

そう、覚醒とは自分がいないことに気づくことだ。

いや、覚醒と呼ばれるような静止した出来事や状態はない。誰かがたどりつく魔法のような瞬間、そのあと苦しみは永久に消え、至福と光と愛の中で手を握り合って神の賛歌を永遠に歌いつづけることになる、そんな瞬間はない。生はあまりにも移ろいやすく、そういう類の固定した状態があるという作り話にきれいに収まったりはしない。そういうのはたわごとで、精神的に高揚しているときにつづられるスピリチュアルな詩にすぎない。スピリチュアルな詩と言っても、覚醒時に起こる落ち込んだ状態を描いたものはほとんど目にしないことに気づくだろうか。当然ながらそういうものは好まれない。

僕は覚醒のすべてに関する権威にはなりえない。自分の経験からしか話せない。だからそうすることにしよう。僕が知っているのは、僕自身に起こったことと、一緒に取り組みながら何年もつきあいつづけている何千もの人たちの経験だ。その中には人に教えている立場の人も多い。

多くの場合、覚醒としてまかりとおっているのはある種のシフトで、そのシフトが起こると、自分というのは頭の中の概念だということに気づく。気づき型の覚醒 (覚醒にはいろいろな種類があって、伝統によって様子も感じも違う。気づき型の覚醒はそのうちのひとつにすぎない) では、シフトが起こると、気づき、あること、今にあるということ、自分がいないということを概念とは関係なく認識する。そして当初はそれが最終地点のように感じられる。それは突然のシフトだったり徐々に起こるシフトだったりするが、それを経験した人たちは、知覚がこういう感じで変化したと言うことが多い。ものごとは気づきのなかで分離できないかたちでやってきては消える、あるいはものごとは現れては消えていくように見えるが、そこに自己は見つからないのだと (繰り返すが、教えによって言葉遣いや認識は異なる) 。この頭の覚醒は、それをどう呼ぶかは置いておくとして、至高の目標として解釈されることがよくある。中には、この種の認識を洗練された呼び方で表現する教えもあって、解放と呼んだりする。解放というのは強い言葉だ。僕自身は、そういう強烈な表現は相当なレベルの認識だということが明らかなケースにしか使いたくない。そして解放されたと言っている人たちの大半は、それを言うのが早過ぎる。O・J・シンプソンの事件で「結論に飛びつく」ことについて言われていたのを覚えているだろうか? 覚醒したと早合点してしまうのもそれと同じで、早く終わらせたい、「私はこれこれを認識しました。これ以上わかることもすることもありません」と履歴書に明記したいという切迫した欲求のなせるわざだ。月に着陸して地面に国旗を突き刺すのに似ている。都合よく解釈して、旗を立てさえすれば自分の領土になるのだと考える。領土は自分のものだと主張するのは、たいていはマインドだ。実際の経験を見てみれば、明らかにそんなことはない。それなのに最初はそれがわからないことが多い。

チャクラという言葉を使えば、頭の覚醒は頭頂のチャクラあるいは心眼のチャクラ、もしくはその両方が開くということだ。それが開くことによって、分離した自己を含めて分離したものはじつは何もないということが深く認識されるため、「これで完了だ」という宣言がその時点ではまったく適切に感じられるのも無理はない。いろいろな意味でそれで完了なのだ。つまり、ひとりの人間として時間の中で思考の中で探求するということは終わる。でも、それは頭の覚醒にすぎない。頭の覚醒だけでも、身体が開いて、身体の本質がわかったように最初は感じられる。ところが時間がたつと、身体の中で分離感の濃い領域が意識にのぼってくるようになる。この頭の覚醒は、完全な覚醒として押し通されるが、それは早計だ。何年も探求したり苦しみ続けたりしたせいで、そう望んでしまう。頭の覚醒がすべてだと思い込みたくなるのも無理はない。でもたいていは、それは生焼けで不完全だ。僕がセッションをした人たちやキロビー・センターに来た人たちの中にも、最初の覚醒経験をしてから何年か後に、依存、強迫観念、人間関係や金銭の問題、不安や鬱が現れた人たちは数多い。

良い知らせは、頭の覚醒が起こったあとは、未来の出来事を追いかけるという形で進む必要はなくなっているということだ (頭の覚醒が起こっていない段階では、それを「未来に自分に起こる」何かとして追いかけることが多い)。「自分」はどこかの時点でおしまいになって、本来的に存在しているような自分も、時間の中で展開するその自分のストーリーも存在しないことが明らかになる。「自分はいない」ことがわかる最初の覚醒を引き起こす教えや手法はいろいろある。そういうものは役には立つが、頭の覚醒が起こればそれで終わりだと言っている点で限界がある。

頭の覚醒のあとで通過すべき主な領域がすくなくとも二つある。ひとつは身体で、もうひとつは覚醒そのものについての観念的な概念という荷物だ。観念的な概念についてまずは取り上げよう。僕の経験では、認識されたことを観念的に把握したいという欲求は多くの人に共通している。覚醒の「意味をつかむ」ために考案された巧みな概念的フレームワークがいくつもある。この文章が概念的なフレームワークであるのと同じように。概念的なフレームワーク自体に悪いことはない。といってもそれが観念の牢獄になれば別の話だ。頭の覚醒に飛びつくのと同じように、認識を特定の概念の箱にきれいに収めたいという性急さが現れることは多い。そういう箱はいろいろある。こういう覚醒関係の世界でよく耳にする流行語はどれも人を閉じ込める箱になりえる。「我々は自分の現実をつくっている」「すべては単なる概念だ」「真実はどこにもない」「生は聖なる謎だ」「開放性こそが究極の真実だ」「自己はない」「気づき」「私は在る」「存在しているのはこれだけだ」「言葉にできるタオは永遠のタオではない」「中庸」など。繰り返すが、箱そのものは別に悪くない。伝える上ではかなり役立つし、マインドにとっては相当心地よいものだ。とはいえ当然のことながら、認識を瞬間瞬間生きるということと箱を取り違えてしまうと、認識されたことはすべて単なる観念や記憶になってしまう。そうしてから人々は記憶や観念から覚醒について語って行動することになる。覚醒を、呼吸しながらつねに展開している、今生きている瞬間瞬間の冒険として見るかわりに。その典型が部屋の前方に座っている先生で、完全な認識を得たと主張する一方で、甘いものをやめられなかったり、セックススキャンダルに巻き込まれたり、私生活でコントロールの問題を抱えていたりする。

頭の覚醒のあと、覚醒にまつわるあらゆる観念的なたわごとといつまでも同一化しながら時間をすごす人たちもいる。そのタイミングで人々は先生になりたがる。僕も経験した。そこにまったく悪意はなく、そういう欲求は善意から出ている。でもそこで伝えられるのはその人が認識したことだけで、それ以外は何もない。そしてたいていの場合、そこで語られるのは、客観的な真実、事実だと解釈された、静的で固定したものごとについての観念だ。スピリチュアルな経験や認識が、教義や独断や「これが唯一の道だ」式の思考といったものに形を変える。

ここでの良い知らせは、準備ができたとき、そういう箱は自由という炎の中で燃やされ、過去の残骸のように捨て去られるということだ。その時点で重要になるのは、認識を概念化して理解しようとするかわりに、認識そのものを生きるということだ。概念化はそれでも起こる。この文章のように。けれども、ものごとは以前よりもはるかに軽くとらえられ、深刻さはなくなる。リヴィング・インクワイアリー (訳註: Living Inquiries、スコットの生みだした手法) は、まず特定の箱に没頭したあとで、瞬間瞬間に生き、見るという方向に注意を向け直した僕の体験から生まれた。

身体にはこうしたことについて語るべきことがある。頭頂と心眼のチャクラだけでなく、チャクラはほかにもある。頭の覚醒が起こってからも、ハートが重く、濃く、閉じた感じが何年も続くことがある。一番下のチャクラ、仙骨、腹、喉のチャクラについても同じだ。そんなことは関係ないと考えている人は、頭の覚醒のあとで何が起こるかを見ていてほしい。依存、不安、自己制限的な思考、理解へのこだわり、金銭問題、鬱、ひどい独善性、コントロールや嫉妬の問題が大なり小なり生じ続けるのがわかるだろう。僕の場合、覚醒してもうこれで完了だと宣言するのが早すぎたせいで、そのことに気づいた。頭の覚醒が起こって相当時間がたってからも、依存がいくつも消えずに残っているというのが僕の問題だった。いろいろな先生と話してきたが、似たようなことを言っていた。頭の覚醒のあと、身体のより暗くて濃い側面、閉じたままになっているそういう側面を完全に見ることができるまでには時間が必要だし、何年もかかることもある。頭の覚醒が起こってすぐに先生になるのが素晴らしい考えだとは言えないのは、だからだ。盲人を導く盲人のたとえと同じだ。

僕の言うことがそれでも信じられないなら、アジャシャンティの語ることを聞いてほしい。覚醒後のジレンマについて彼の語ることには説得力がある。覚醒が起こってから3年から7年ほど経つあいだに、それはやってくる。覚醒のときに見抜かれることなくマインドや身体に残っていたものが全部浮かび上がってきて、頭を悩ませる。こっちを見てよ、解放してよ、と言っているかのように。そしてそれは苦痛になりえる。なんで覚醒のプロセスなんか始まってしまったんだろうとすら思うかもしれない。

繰り返すが、良いニュースはそれは身体の中で勝手に進むということだ。もし自分を開いていられればの話だが。僕にとっては、後に自分の身体についておこなったワーク (今でもしている) は、なによりも大きな解放感をもたらした。濃厚な領域が溶解したり開いたりするのは人生を変えるような変化だ。頭の覚醒で止まってしまっている友人や先生のもとで取り組んでいるとしたら、それ以上は進めないだろう。そうなりたくなければ、そこから抜けて、完全に開かれた態度でどう展開するかを探っていくほかない。

心配は無用だ。身体の覚醒という部分は、初期にしていたような形の探求とは違うからだ。スピリチュアルな探求はマインドや頭のチャクラが閉じているところから生じる。身体の覚醒は探求をとおして起こるわけではない。身体の覚醒は、ただ自分を開いて、そうしたエネルギーと上手なやりかたでつきあうだけで起こる。

身体を開くということについての詳細は、僕のブログを読んでみてほしい。http://naturalrestforaddiction.com/blog

== 訳は以上 ==

チャクラ云々という言葉遣いにはちょっとした違和感はある (非二元警察出動中)。でも、そういう言葉が近似値としては、それから実践の上では適切なのだろう。

こういう成熟した知恵を落ち着いた感じで表現できる人がいるというのはいいなあ、と素直に思う。

最後に言及されている彼のブログでは、身体の閉じた領域を開くためのエクササイズが紹介されている。ちょっとシステマチックな感じに抵抗はあるが、ジョーイ・ロットのBig Chillの詳細版のような感じ。

SANDカンファレンス2011 その3

 
三日目は早く起きることができ、朝一番のセッションに間に合いました。

ルパート・スパイラ

ルパートがmeditationと呼んでいる、彼の静かな言葉による誘導と共に、リアリティのいろいろな側面を実際に見てみるという時間でした。

この日、初めて聞くたとえが出ていました。こんなものです。

「ある特別な地図を想像してみてください。その地図には、あらゆる知覚がリアルタイムで反映されます。身体感覚、思考、感情でも何でも。それぞれが意識に占める割合に応じて、その地図にそれぞれが描かれます。足の痛みが意識のほとんどを占めているなら、それが大きく描かれます。そのようにしばらくやってみてください。時々刻々と変わっていきます」

「次に、これを平面の地図から、立体的なホログラムにしてみてください。そのホログラムの中に、同じように意識にのぼるすべてがリアルタイムに反映されます。」

「さらに次は、そのホログラムが存在している空間に意識を向けてください。その空間を取り除いて下さい。ホログラムはそのままに。空間という感覚があったと思いますが、それがなかったらどうなるでしょうか」

という感じです。ここで、「空間内の存在である脳が、空間のない何かを想像することなどできないでしょ」というような思考が出てきたのですが、その思考もその空間を超えたところにあるホログラムにマッピングしてみました。

その時のことを今考えると、ルパートがいつも言う、すべてに浸透している純粋な認識、浸透しているというよりも、あるものすべてを作っている純粋な認識そのもの、何の性質も持たないそれというものが、何かこのことと関係あるもののように思えます。

が、思い出しながらこう書いてみると、そのエッセンスは無くなっていて、気の抜けたコーラのようになっています。面白いことです。

朝食

食事前のルパートのセッションの不思議な感覚が続くなかで、「自分にはこれは分からない。どうしても理解できない」といういつもの感覚でさえ、その普遍的な何かがそういった混乱として現れている愛ある表現の一つなのだ、という感じに打たれていました。

ジェフ・フォスター

午前のジェフのセッションは、あまり面白くないものでした。自分でも何を期待していたのか分かりませんが、いつもと似た話が独り言のように繰り返される様子には、うんざりしました。

ウンマニが言っていた、「探求はmeを中心に常に巡っている」ということを思い出し、「もしかしたらジェフの探求は終わっていないのかも。終わっていないとしたら、先生役をやらないといけない苦痛はすごいものだろうな」などと勝手なことを考えていました。

スコット・キロビー

この日、最も印象的だったセッションです。探求というものの性質について、ワークショップ風に説明してくれました。

こんな感じです。

「いま、たった今、知覚していることがあります。隣の部屋の声やエアコンの音、窓の外からの光、椅子に接する足や尻の感覚。そうした知覚の中に、何かを求めるという感じがあるでしょうか。たった今の知覚は、何の努力もなく、そのまま起こっていて、それを求めるということはないのではないでしょうか。」

「次に、何か自分が欲しいもの、求めていることを考えてみてください。それを知覚してみてください。どうでしょう。たった今の知覚と、その求めているものの間には壁や距離があるように思えるかもしれません。そして、求めているものがモノとして外部に独立して存在しているように感じるかもしれません」

「では、求めていることを考えているとき、たった今の知覚において、その求めている感じがどのように表現されているか、感じてみてください。身体のどこかの部分にその感じがあることを見つけたら、ただその感じと共に数秒でもいいので一緒にいてみてください」

「すると、どんなことに気づくでしょうか。求めている感覚がそこにあることをただ認めるだけで、何か違いが出るのではないでしょうか」

ということで、皆がスコットの誘導に従ってやってみました。このセッションの主題は中毒ということだったのですが、あらゆる中毒は「自分はこれが欲しい」という欲求の否定から始まると言っていました。

これが欲しいという感覚が生じると共に、通常はその対象が外部にモノとして独立し、同時に自分はその対象物が欠けた存在になります。そのように既に欠けた存在になっているのに欲求だけを否定することは、中毒とその苦しみを生むというのです。

ここでもし、上記のように、欲しいという求める感覚が出たらその感覚をきちんと一瞬でも知覚するということをすると、その欲求は外部の対象物に化けないかもしれないということです。

スコットは、覚醒や悟りに対する欲求、スピリチュアルな探求と言われるものも、チョコレートやドラッグやセックスに対する欲求と変わらないことも多く、上記のようなシンプルなプロセスにより、自分は悟りを求めていると思っていたが実際にはただ単に自分は何か欠けているという感覚から逃れたかっただけだ、と気づくかもしれないとも言っていました。

それが、彼が多くの探求者と接して発見したことだそうです。

その他のセッション

名前は記しませんが、昨年も出た、他の二人のセッションに今年も出ました。昨年はつまらないと思ったのですが、その後一年の間に、「彼はいい」とか「彼女のサットサンは素晴らしい」とか複数の人から聞いたので、「自分の認識が違ったかもしれない」と話を聞きに行きました。

が、全然面白くもなく、響くこともありませんでした。面白い教訓です。

その4はこちら