アジャシャンティと二冊の本

 
アジャシャンティの著書 emptiness dancing をパラパラと読みなおしていたら、最後のインタビューが面白かった。彼に影響を与えた本について話だ。

そのまま訳すことはしないが、こんな感じだ。

====

Q. これまでにたくさんの本を読んできたということですが、どんな本から大きな影響を受けましたか?

A. まず、24歳のときの最初の覚醒の少し前に読んだイエズスの聖テレジア (アビラの聖テレサ) の自叙伝です。当時は禅の修行をしていましたが、キリスト教神秘主義にも惹かれていたんです。この自叙伝は、最初の2ページを読んだだけでその愛に打たれ、聖テレサに夢中になりました。自叙伝以外にも、彼女についての本を6〜7冊読みました。今考えると、これらの本は私のハートを開く助けになったように思います。感情という側面について言うと、禅は少しドライですから。

もう一冊自分にとって重要なのは、ニサルガダッタ・マハラジのI Am That (邦訳は『アイ・アム・ザット 私は在る』) です。覚醒の前にも読んだことがありましたが、当時はあまりよくわかりませんでした。覚醒の後で再度読んだのですが、まるで自分自身の経験を誰かがそのまま言葉にしてくれたという感じでした。自分の覚醒の前にも後にも、これほど明解な表現には出会ったことがありません。

====

そして、その後、アジャシャンティは本一般について、こう続けている。

====

覚醒は言葉では語れません。本が覚醒をもたらすことはありません。ですから、ある時点で本や文章を超える必要があります。それでも自分にとっては、いろいろな本を読むことは、マインドからいろいろなものを洗い流すことに役立ちました。

知性や知的なアプローチは、スピリチュアルな探求においてはそれほど評価されていません。ですが実際には、本が重要な役割を果たすこともあります。適切なときに適切な本を読むことで、認識がもたらされることもあるんです。ミーティングで教師がすることと同じような役割を果たすということです。「ああ、私はそれを知っている。自分が知っているということに気がついていなかっただけなんだ」というような洞察が生じます。

本は、著者の意識や存在を伝播します。受け取る側の感性によっては、これはとてもパワフルなことになりえます。I Am Thatのような本がパワフルなのは、そういう理由です。言葉そのものは言葉であるにすぎません。重要なのは、誰がその言葉を発しているかということです。

ただ、本にしても教師にしても、それに依存することは助けになりません。依存をしはじめると、本や教師によって灯された炎は本当にすぐに消えてしまいます。依存することなく、自分で進まなくてはいけません。どんな教師も、どんな本も、自分がすべきことを代わりにやってはくれないんです。炎を保つのはあなた自身の仕事です。

====

トニー・パーソンズは「本はクズだ」と言うが、アジャシャンティの方がバランスがとれているように思う。自分が本好きだから言うのではないが、どんな可能性も否定したくないと思う。

個人的には、「悟るためには最低でも一度は生きているグルと出会う必要がある」といったロマンチックな表現にも惹かれるところがあるが、本だけでなく、ネットの動画も当然ながら大きな役割を果たしえるということになりそうだ。

スタディグループのすすめ アジャシャンティ

 
アジャシャンティが、The Way of Liberation – A Practical Guide to Spiritual Enlightenment (解放の道 – 悟りへの実践ガイド) という本を出した。

本と言っても今のところはeブックで、無料で配布されている (配布ページはこちら。Free Ebook Downloadのところからダウンロード可) 。2013年の1月に通常の本の形で出版されるらしい。(追記: 『自由への道―スピリチュアルな悟りへの実践ガイド』という書名で邦訳が2014年5月23日発売)

僕などはタイトルを見て「悟りに実践ガイドなんてあるかよ!」とすぐに反応してしまうが、本文を読むとこんなことが書いてあった (和訳は自分)。

「実は、悟りへの道などというものはない。それは、悟りはあらゆるとき、あらゆる場所にいつでもあるという単純な理由からだ。あなたにできるのは、あらゆる幻想をすべて取り除くということだ。特に重要なのは、自分がもっとも価値を置いている幻想や、最大の安心をもたらしている幻想を取り払うということだ。それは、そうした幻想が〈実在〉についてのあなたの知覚を曇らせるからだ。幻想にしがみつくのをあきらめて、ありのままの現実に抵抗するのをやめると、〈実在〉は突然姿を見せるだろう」

道はないけれどもできることはあるのだ、というのは難しいところだが、ともかくアジャシャンティは「道はない (だから何もしない) 」というエゴの声に耳を貸さないという姿勢で一貫している。

70ページほどの小さな本だ。だが、かなり詰まっている。

興味深いと思ったのは、スタディーグループに関する部分だ。この本に書かれていることを実践するために、読者のグループを作ることをアジャシャンティはすすめている。そして、以下のようなガイドラインを提示している (和訳は自分)。

==以下、引用==

スタディグループの形式について

スタディグループは誰でも始めることができ、形式はそれぞれの自由だ。『解放の道』スタディグループは、アジャシャンティやオープンゲートサンガ (訳注: アジャシャンティの教えを提供する団体) からは独立したものとして自主的に運営される。ただし、毎回のミーティングの間に『解放の道』の教えのなかのひとつの部分を選び、その次のミーティングはそれを中心にしたものにするということをすすめたい。それから、ミーティングでは静かな瞑想の時間をとること (ミーティングの最初が好ましい) 、そのミーテングのために選ばれた教えについて話し合うこともすすめたい。

ガイドライン

つぎに示すのは『解放の道』スタディグループを実践するうえでのガイドラインだ。このガイドラインは、参加者相互の開かれた態度、思いやり、支えあいがグループで表現されることを意図したものだ。

1. スタディグループは、安全で思いやりのある環境でなければならない。その環境のなかで、『解放の道』の教えを探究し、共有し、実践する。

2. スタディグループは無料でなければならない。有料の場所を借りる場合については例外とする。

3. 誰も先生として行動してはいけない。またグループを支配しようとしてはいけない。

4. 参加者が自分の経験をシェアしているとき、シェアされていることを評価しても批判してもいけない。求められた場合にだけ、自分の経験にもとづいて語れることをフィードバックすること。先生になろうとしてはいけない。

5. スタディグループのミーティングに初めて参加する人には、このガイドラインを手渡すこと。もしグループがこのガイドラインに従わないかたちで運営されている場合は、参加するのを止めるか、自分で新たにグループをつくるとよい。

==引用は以上==

以前、SANDカンファレンスでコミュニティという感覚を強く感じたということを書いたことがある。そのとき、そのような互助会的な環境に安住することで探求が横道に逸れることもあるのでは、という趣旨のコメントをもらった。

そのときは確かにそうだなと思った。

だが、逆にそれを否定しすぎることも、他の人に表れる自分の姿というものを見る機会を減らすことにもなるのかなという気が今はしている。結局、アジャシャンティも繰り返し言っているように、正直さがポイントなんだろうと思う。

自分がそこに何を求めているのか、その場 (あるいはその先生、その教え、その行動パターン) がなかったら自分はどう感じるのか、ということに正直でいることで、どちらがいいのかという迷いはなくなる気もする。

それはともかく、このような本を無料で配布し、自主的なスタディグループの運営を促すというあり方には、爽やかなものを感じる。

ちなみに、スタディグループをつくったらその存在を登録するようになっているようで、こんなページに一覧がある。アメリカ以外にも、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、メキシコ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、ルーマニア、南アフリカ、スペイン、スウェーデン、英国と、いろいろな国で始まっている。

アジャシャンティの初の邦訳本

 
アジャシャンティのThe End of Your Worldが日本語に翻訳され、今年の4月下旬までには発売されるということだ。以下は訳者の高木悠鼓さんのメルマガ「神の実験室通信」41号からの引用。

★★4月発売予定の新刊

「あなたの世界の終わり─目覚めの「あと」のプロセス」
(アジャシャンティ著 ナチュラルスピリット発行 本体価格1900円4月中旬から下旬発売予定)
アメリカの禅系の先生であるアジャシャンティが、目覚めの経験とそれにともなう「落とし穴」や「罠」について、
自らの経験をもとに語った本。現在下記ブログに本の紹介記事が掲載されています。
http://simple-dou.asablo.jp/blog/

ステファン・ボディアンの邦訳書で彼の師としてアジャシャンティが紹介されていることもあって、日本でも注目を集めているだけに(といってもごく一部だろうが)、今回の邦訳は「待望の」と言ってもいいのではないだろうか。

同じく髙木さんが翻訳されたセイラー・ボブのOnly THAT(ただそれだけ)が予想外に売れているという話を、先日イギリスの出版関係者から聞いた。

セイラー・ボブにしても、アジャシャンティにしても、僕自身も含めて相当誤読されているのだろうなあという気はするが、目覚めが世界的に増えているということが現象として見られるらしいから、こうした情報を必要とする人たちというのがいるのは間違いないだろう。

あとは、ラマナやニサルガダッタと違って、セイラー・ボブもアジャシャンティもいま現在生きている教師であるため、その意味でもこれまでに翻訳された本とは違う味わいがあるように思う。

ただ、僕自身は、覚醒しているわけではないこともあって、このThe End of Your Worldに描かれているような陥穽のようなことはまったくの他人事だ。そして、そもそもそれが起こった時にも起こらない時にも、事前の知識というものは邪魔にしかならないのでは、という疑いも持っている。だから、この本にどういう意義があるのか、それはマインドのお菓子になるだけじゃないのか、という風にも見ている。

ただ、「お菓子」も大好きなのは確かで、その意味でこの本の発売を心待ちにしている。

関連記事
アジャシャンティのスイートな笑顔
アジャシャンティのインタビュー