YOGAYOMUと『カシミールの非二元ヨーガ』

 
2014年に『わかっちゃった人たち』が出版されたとき、ヨガのフリーペーパーYOGAYOMU (ヨガヨム) で読者プレゼント企画があった。

YOGAYOMUのウェブサイト

編集の人がこのブログを読んで興味を持ったそうで、数冊提供してみませんか、と連絡をくれたのだった。

それがきっかけで、当時ヨガスタジオでその号を手にとった人が『わかっちゃった人たち』のことを知り、そこからちょっと面白い展開があったりもした。

タナカユミさんという驚き (2014年6月30日の記事)

先月、ビリー・ドイルの『カシミールの非二元ヨーガ』 が発売間近になったころ、「ヨガといえばヨガヨムだ!」と思い出して、今度はこちらからプレゼント企画を提案してみた。そうしたら快くOKが出て、版元のナチュラルスピリットからも快く本を提供してもらった(どうもありがとうございます)。

YOGAYOMUの感想を送った人のなかから抽選で3人に当たるというその読者プレゼント企画が掲載されている第53号が、9月15日に発行された。現在、全国のヨガスタジオで配布中。

配布しているヨガスタジオの一覧

YOGAYOMU Vol. 53の表紙が掲載されているFacebookページ

そして、YOGAYOMU編集部がこの号を10冊ほど僕にも送ってきてくれた。配布しているヨガスタジオが近くにないけれども是非応募してみたい、または単純にYOGAYOMUを読んでみたいという人がもしいたら、連絡先のページから送り先と名前を知らせてくれれば、こちらから送ります (ある分だけの先着順)。

前回と同じように、これがきっかけでジャン・クラインの教えに触れる人が少しでも増えるといいなあ、タナカユミさんのときみたいな楽しい出会いにつながるといいよなあ、と思いつつの紹介記事でした。

『カシミールの非二元ヨーガ ― 聴くという技法』

このあとは、ディープ・ルッキングの続きに戻る予定。

広告