注意を向けるエクササイズとは何なのか ジョン・シャーマン

 
昨日は、なぜ注意のエクササイズをすべきかについてジョン・シャーマンが書いたブログ記事を訳した。

注意のエクササイズが必要な理由

今日は、このエクササイズに関して今月書かれた説明的な短い文を紹介したい。

原文: What Is Self-Directed Attention? (JustOneLook.org)

== 以下、訳 ==

自分で注意を向けるエクササイズとは何か?

「自分で注意を向ける (Self-Directed Attention)」と呼んでいる簡単なエクササイズの性質と目的に関して、このところ私たちのコミュニティ (訳注: ジョン・シャーマンが主宰するJustOneLookのフォーラム等を指す) では看過できない混乱が生じている。

その責任は私にある。この混乱を解消することができるかどうか、ちょっと書いてみることにしよう。

まず第一に、何をどう考えるとしても、私たちが「自分自身を見る」と呼んでいること、つまり内側を見るということを終えておかなくてはならない。まだしていないならば、今すぐにする必要がある(※)。

「自分自身を見る」メソッドの手順

生に対する恐れこそが、精神的な要素による苦悩のすべてを引き起こしている唯一の真の原因なのだが、一度だけ内側を見ることによって、その生に対する恐れは消滅する。それが完了したあとも、恐れが原因で生じていた精神のあらゆる傷が治るにはある程度の時間がかかる。だが、その回復の期間に何をするとしても、生きていくなかで自分の全般的な態度に注目していれば、恐れとそれが引き起こす症状が軽くなっていることに気づき始めるだろう。

いったん自分自身を見れば、そのあとで何をしてもしなくても、回復のプロセスは意識に上らないレベルで続くことになり、自分が恐れから逃れたことがそのうちにわかるはずだ。

だが、自分の人生に関してできることはもっと沢山ある。自分自身の精神を完全に意識的に自分のものとして取り戻すことができる方法がある。そうした考えに興味があるとしたら、そして最初はいくらか難しく感じられるこの心のエクササイズ (「自分で注意を向ける (Self-Directed Attention)」と呼んでいる) をやってみようと思えるのであれば、この練習をすることで、いま自分を悩ませているほとんどすべてのことに関する受け止め方、心のあり方がゆっくりと変わっていくことだろう。

「自分で注意を向ける」エクササイズの手順

== 訳は以上 ==

※ このメソッドを紹介するときには毎回しつこいくらいに書いているが、メソッドの実行は十分な考慮の上、自己責任で。あまりにも単純なメソッドのため、気軽にやってしまうかもしれないが、少なくない人たちが (僕自身も) その結果としてかなりの混乱や不安定さを経験している。酷いケースではそれが何年も続くらしい。ジョンの言うことが本当であれば、それを補って余りある効能があるはずだが、不安定さが歓迎されないような時期 (就職活動中、新婚、出産前後、闘病中、親しい存在を喪失した直後、責任ある立場で重要なプロジェクトを実行中など) におこなうことは僕としては勧められない。

次は、この注意のエクササイズの手順説明の最新版を訳そうと思う。

関連記事: ジョン・シャーマンの翻訳記事一覧 (2015年時点)

広告