リック・リンチツの魂

 
3月15日に発売されるリック・リンチツの『あなたも私もいない』(No You and No Me) を発売前に送ってもらった。役得。

リックは4年ほど前に癌でこの世を去っているが、初めて彼を見たときの記憶は鮮明に残っている。2011年のSANDカンファレンスだったが、まだすごく元気そうだった。

そのときのことは、このブログでも少し書いたが (これ)、「覚醒」「目覚め」というのは個人が保持できるようなものじゃないということを軽やかに表現していた気がする。というか、その非個人性が全身から香っていた。壇上から語りながらも、その「上」とか「下」が幻であることが明らかになる場だった。

代替医療的な色彩の強い癌専門のクリニックを経営していた医者で、呼ばれたときにしかサットサンはしていなかった人だ。リックの師のサティヤム・ナディーンも「先生活動」をやめたあとは、自然のなかでの独居を続けているらしい。そういう一歩引いた感じに僕は弱い。

この本は、ミーティングでの対話を書き起こしたものに、付録という感じで対談が最後に付けられている。明記はされていないが、編纂を担当したキャサリン・ノイスさん(関連のブログ記事) が対談相手のようで、彼女がよくわからないジョークで勝手に笑っていて多少当惑させられる。録音を聞けば、ニュアンスがもう少しわかるのかもしれないが、ともかくあの対談をよく訳したなあと感心してしまう。

リックはまったく方法を示さない人だから、好き嫌いはもしかしたら分かれるかもしれない。瞑想しろとも、今ここに気づきを向けろとも、座れとも、座るなとも、ミーティングに行けとも、行くなとも、先生を探せとも、探すなとも、とにかく何も指図しない。

ガツンと来る一言、決めセリフは特にない気がするが、この本 (原書) はなぜか何度も手にとって読んでいる。本棚から取り出した回数でいえば、洋書ではベスト3に入りそう。ジョン・ウィーラーのすっきり感とロジャー・リンデンのいたずらっぽい笑みを足して、そこにレオ・ハートンの妥協のなさのスパイスを・・・って、邦訳書が出ていない人ばかりで意味不明ですね。

原書のカバーとまるっきり雰囲気の違う表紙デザインと、ちょっと微妙な感じの帯の言葉が気にはなるけれども、あんなに素敵な人がこうして一冊の本の形でメッセージをこの世に残してくれたことに感謝しつつ、おすすめしたい本です。

『あなたも私もいない』リック・リンチツ(3月15日発売)

広告