『オープン・シークレット』発売!

 
トニー・パーソンズの新刊が、今日12月15日に発売になった。

「神様のかくれんぼ」のみずほさんはこの原書のファンだそうで、最近の記事(オープン・シークレット)でこう書かれている。

これはトニーが書いた唯一の本です。すごく優しいトーンの本です。シンプルに、淡々と、優しく、私たちの存在の核心、幻想の核心、苦しみの核心を描写しています。

本当にそうで、どちらかといえば過激な表現が目立つ彼の対話集とは違って、かなり抑えられたトーンで語りが進む。笑える部分は皆無。その意味ではトニーの本の中では異質なのだが、この著作だけが改版、改訂を重ねられているというのは面白い。

かなり短い本ということもあって、今回は訳者あとがきを長めに書かせてもらった。トニーの他の本やトークCDからの引用もだいぶ入れて、今までに書いた訳者あとがきのなかでは一番の力作 (少なくとも量的には) 。

それと、前の記事で書くのを忘れていたが、この本のカバーの絵は出版元 (ナチュラルスピリット) の今井社長が自ら描いたものだそうだ。すごく印象的で、一度見たら忘れられない。

ということで、僕の10冊目の訳書になるが、よかったら書店で手にとってみてください。

トニー・パーソンズ『オープン・シークレット』

【おまけ】衝撃的なコーヒーを最近発見した。エチオピアのイルガチェフェやグジの味が好きで、ここ1〜2年くらいはそればかり買っていて、たいていは岡山のONSAYA COFFEEか福岡のオオカミコーヒーのものを通販で入手するのだが、ちょっと浮気して他の店を試してみて、それが大当たりだった。挽くときの香りから冷めたあとの味わいまで、完璧以上の出来で、ここまでの完成度がありえるとは想像していなかった。クリーンで、香りのパワフルさと繊細さが両立していて、何かのエネルギーが身体をゆっくりと満たす。しかも価格は相当良心的。大規模な焙煎所ではないようで、今年の分が売り切れたら困るから大声では知らせたくないなあと自分のなかのケチなおっちゃんが心配しているが、コーヒー好きな人に知らせたくなった。こちら (とっくに知ってるよ!という人、どうもすみません) 。「ああ、自分もいい仕事がしたい!」と飲むたびに思う。

広告