トニー・パーソンズ『オープン・シークレット』発売告知

 
『オープン・シークレット』(トニー・パーソンズ著) の発売日が12月15日に決まったようだ。

オープン・シークレット

原著のThe Open Secretはかなり短めの本で、1995年に刊行されている。書き始めた当時、トニーには「解放」はまだ起こっていなくて、本が発売され、小さなトークの会を開いているうちにそれは起こったらしい (起こることではないが)。

彼の他の書籍とは違い、対話をまとめたものではなく、すべてトニーが自分で書いた文章が詰まっている。だからなのか、彼のいつものリアクション的な毒舌はどこにも見られず、わりと静かな感じで語りが展開する。

「(会場爆笑)」みたいなノリの良さとはほぼ無縁で、トニーのミーティングの雰囲気があまり出ていない気がして、僕としては一番好きな本とは言えなかった。だが、「けっこう残るなあ」と、今回翻訳をしながら感じた。

何が残るのだろうか。何かの余韻のような、懐かしさのような。決して強烈ではないが、深く染み渡っていることに気づく。

それと、この本はこの分野ではちょっと珍しいハードカバーだ。本文の紙も少し分厚い。ちなみに英国で出されているトニーの書籍のカバーには、ジョン・ミラーという画家の作品が使われている。派手さはないが、静かに印象に残る。今回の日本語版のカバーはハッとするような油絵だが、これはジョン・ミラー作品ではない。誰が描いたものでしょうか? (ヒント: 出版社)

ということで、『何でもないものがあらゆるものである』とは少し違った感じで読める本だから、トニーが好きな人、興味がある人はぜひ。

『オープン・シークレット』(Amazon)

***

【おまけ】最近再び注目を浴びている(?)『ただそのままでいるための超簡約指南』を、pariさんが再読されたそうで、メルマガで取り上げていた。感謝。
『アセンション館通信』――ジェニファー・マシューズ再読

【おまけ2】このブログで継続的によく読まれているのが、じつはジョン・シャーマン関連の記事。彼のメソッドをごく最近やってみたという人のブログを発見。12月4日開始の「人体実験」シリーズ。
テキトーエレガンス

広告