B面が意外に

 
例年秋の風が吹きはじめると探求のエネルギーが強まる。

が、今年はまだそうでもない。珍しく回遊魚釣りが絶好調なのも関係しているのかもしれない。意識は常に海にあり、一番チェックするサイトは釣り場の天気予報、目を閉じればスパッとウキが海面に消える場面が浮かぶ、という状態がまだ続いている。

もしくは、探求の局面が今までとは変わったんだろうか、とも少し考えてみるが、どうもそういう辛気臭い(©とっくん)ことに対する関心が長持ちしない。

まあ、ほんの数年前には「このくそ忌々しい探求のことを忘れられたら、どんなに幸せだろう」と強烈に思っていたから、今の状態は理想的とも言える。

そんな感じで、ノラ・ジョーンズのこんなかっこいい曲を聴いていると、何も求めることなんてない気がしてくる。

(とか書くと、思いっきり探求が戻ってくるというのが今までのパターン 笑)

===
追記: NHK (山梨) の夜のニュースで、今日午前に発生した中央道須玉インター付近での単独事故で永留祥男氏が亡くなったことを知った (「祥」は正しくは「示」に「羊」)。「北杜市高根町在住の作家」とニュースで言っていたから、『黎明』の著者葦原瑞穂氏であるとされている永留さんと同じ方だと思われる。ただただ驚いている。(葦原瑞穂氏関連記事12)

追記2: 以下はYBS(山梨放送)のニュースサイトからの引用。「2日午前9時40分ごろ、北杜市須玉町の中央道上り線で、走行車線を走っていた乗用車が道路左側の斜面に衝突。ガードレールなどにも衝突し大破した。この事故で運転していた北杜市高根町の作家・永留祥男さん(63)が胸などを強く打って間もなく死亡。中央道上り線は事故の影響で長坂~須玉IC間が2時間半にわたって通行止めとなった。」

広告