暑さの日々

 
お盆が近づいてきた。

この時期になると、毎年そうだが探求モードが弱めになる。海で回遊魚が釣れ始めるから意識がそっちに向かう、ということもあるのだろうが、基本的にギラギラの太陽と探求は自分の中では両立しない。

先週は子どもと伊豆に行って海水浴と釣りを楽しんだが、海につかってバタバタしていると、ただの生き物になる。溶ける。生き物未満の何か。何かでさえないかもしれない。

ダイレクトパスの訳書が出たばかりなのに、こんなことを書くと怒られそうだが、頭を使う探求などできるわけがない。太陽がまぶしすぎる。

そのかわりに、バクティ的なものに対する関心が少々高まっている。

以前は、バクティというとハレクリシュナ型のキールタンがスタンダードだと思っていた。(こんな感じのもの)

でも、ヒンドゥーの神々は自分にはそこまでしっくりこない。うっとりしながらバジャンのテープを聴き続けていた時期もあるが、今は無理だ。そこまで夢中になれない。どちらかと言えば、テゼ共同体の歌のような欧風のものが今は好みに合う(こんなの)。

ただ、これでもちょっと具象的すぎる気がする。人工的とまでは言わないが、文化的色彩が濃すぎるのだ。バクティといっても、神像や歌のような具象性が高いものではなく、何かもっと透明で爽やかな帰依対象はないものだろうか。

案外、太陽崇拝とか、自然崇拝的なものがいいのかもしれない。いずれにしても、自分を投げ出す気持ちの良さに惹かれる。

話は違うが、いつも面白い「SHIROWの自由帳」で、「みしろ」について書かれていた。ジョン・シャーマンのメソッドに関連した話で、この記事の「※ここから追記」以降にある。

ジョンのメソッドをやってみた人は、「そういえば」と感じるのではないだろうか。僕自身も、当初感じていたギャップ、距離、重み、もしくは方向を変える「よっこらしょ」的な感覚がだんだん少なくなっていることに一時期気づいたことがあった。

そのときに面白いのは、「以前はこう感じたはずだけど」と思ったときに、「でも、その感覚の記憶は今どこにあるのかな」という疑問が出てくると、なんとなく「ニヤっ」としてしまうことだ。何の「ニヤっ」なんだろうか? 谷崎テトラ氏が昔どこかで書いていたアルカイック・スマイルのことを思い出す。ギュッという感じの笑み。

ところでまた別の話だが、Youtubeを見ていたら、トニー・パーソンズのミーティングで数年前によく見かけていた人たちがいつのまにか「先生デビュー」をしていることに気づいた。この人や、この人。他にもいるのかもしれない。

動画の出だしを見ていると、「まだこの形式でやってるの?」と少し呆れてしまう感じがする。わかっていない(と想定されている)人たちに対し、すまし顔で「説教」を垂れている。冗談じゃなければ、何なのだろう。

そんなことをちょっと考えていたら、「悟っている人 vs 悟っていない人」という冗談としてしか成立しないこの構図について、高木悠鼓さんのメルマガに劇的にわかりやすい説明が載っていて、感動した。「神の実験室通信69号」(2016年7月31日)

引用したい (一部改行を改変)。

さて、話は少し横道にそれるが、 「実験の会」を主催している私(高木)に、「あなたは特別な悟りの境地に到達したのですか?」 とか、あるいは「あなたは何か特別な悟りの経験をしたのですか?」みたいな質問を向ける人がたまにいる。面と向かって尋ねる人もいれば、遠回りに尋ねる人もいれば、本当は尋ねたいけど黙っている人もいる。

前にも書いたことがあるが、「あなたは悟っていますか?」とか「あなたは特別な悟りの境地に到達したのですか?」というような質問は、考えてもみれば非常に滑稽な質問だ。

なぜそういった質問が滑稽かと言えば、「覚醒、悟り、気づき」と一般に呼ばれているものは、「あなたは悟っていますか?」という質問をする人の側、主体にしかないからであり、自分が見るどんな対象物(人)も、「悟ったり、悟らなかったり」することはできないからである。

なんとわかりやすい! そして、「先生がた」に対するもろもろの違和感もすっきり片付く。

高木さんの訳されたダグラス・ハーディングの To Be and not to be, that is the answer は、今年出版される予定だそうだ。ちょうど夏の暑さが終わって探求モードが戻ってくる頃に発売というタイミングの良さ。寒い風が吹き始めてからになるとしても、それはそれでありがたい。

広告