「一度だけでいいから立ち止まって」

 


Moving Mountains by Skylar Grey

I just wanna show the world what I’m worth
Don’t wanna be stuck like everybody else
I want more, more
I want more, more

You said, “I just wanna find my happiness”
That’s why I work so hard, harder than the rest
I want more, more
I want more, more

For once, once in your life
For once push your ambitions aside
And instead of moving mountains
Let the mountains move you
For once, once in your life
For once just stop to open your eyes
And instead of moving mountains
Let the mountains move you

I just want them all to love me best
Cause maybe that would change how I feel about myself
I want more, more
I want more, more

For once, once in your life
For once push your ambitions aside
And instead of moving mountains
Let the mountains move you
For once, once in your life
For once just stop to open your eyes
And instead of moving mountains
Let the mountains move you

For once, once in your life
For once push your ambitions aside
And instead of moving mountains
Let the mountains move you
For once, once in your life
For once just stop to open your eyes
And instead of moving mountains
Let the mountains move you

Spotifyで何度か耳にして、叙情的なメロディーとせつなげな歌声に惹かれた。言葉をあまり聞き取れないまま何度も聴いていたが、気になって調べてみた。

「自分の価値を証明したい。他の人たちと同じなんて嫌。だから、がむしゃらに頑張る。もっと、もっと」

と歌ってから、

「一度だけ。本当に一回だけでいいから、そんな野心のことはいったん忘れて、ただ立ち止まってみて。大きなことを成し遂げようと (山を動かそうと) するかわりに、あの山々を見て、感じるの」

と自分に言い聞かせるように続ける。そんな歌詞だ。

リック・リンチツが生前のインタビューで、「最初から生活のもろもろを楽しんで、いつも笑っていた妻がいちばんわかっていたんです。長年の探求の末に、やっと僕がわかったとき、わかったのはそのことでした。でもそれまでは気づかなかった。まったく。」という感じのことを言っていた。この曲の歌詞で、それを思い出した。

探すこと、目指すことによって見逃してしまう。変なゲームといえばそれまでだが、どこまでも哀しい。

広告