ジョン・シャーマンとダグラス・ハーディング

 
マサさんという方から、

「ジョン・シャーマンの自分を見るということとダグラス・ハーディングの顔を指差すということはかなり似ていると思ったのですがヒロさんはどう思われますか?」

というコメントがあった。

荒川良々とハライチの澤部は似ているのかどうなのか、という疑問と同じで、正解がなさそうな問いだ。並べてみれば意外と似てなかった、と思うかもしれないし、やっぱり似てるなあと思うかもしれない。見る人の数だけ見解がある。

ただこの、見る人の数だけ見解がある、という点が、まさにジョン・シャーマンとダグラス・ハーディングの方法の共通点なのではないかと思う。

ふたつの方法では、自分で見るということが徹底されていて、外部の権威は完全に排除される。想定された正解はないし、そのときに見えることが見えるだけだ。民主主義、主権在民などとSEALDsばりのスローガンが頭に浮かぶが (あのどこか苛立たしいリズムと一緒に) 、本当にそうで、そこで見えるのは絶対に他の人には見ることができないものだ。

別の言い方をすれば、本来はすべてのものが今の自分にしか見えていないのに (他人は別のものを見ているはずというのは完全なる想像)、どこか他に自分の知らない正解、自分に見えていない真実があるのではないかと思ってしまうという異常事態 (錯誤と言ってもいい) を正常化するのがジョン・シャーマンのメソッドであり、ダグラス・ハーディングの実験だと思う。そこは共通している。

じつは、僕はジョン・シャーマンの「生に対する恐れ」という概念には相変わらずピンと来ていなくて、むしろ、「単純だけれども大きな見落とし」というのがキーワードなのではないかと感じている。

何を見落としているかと言えば、主体だ。対象だけに没頭してしまって、主体のことがすっかり抜け落ちている。ネイサン・ギルが繰り返し言う、「気づいているということと気づかれている内容、その気づきの方が意識されていない」ということと同じだ。

気づいていることに気づく、とはよく言われることだけれど、それをややこしい瞑想や修行にせずに、単純に自分自身を見るという1行&1分で終わる方法にしたのがジョン・シャーマンのすごいところだと僕は思う。

自分は対象ではなく主体だ、身体というモノではなくモノを見ている側なのだ、というのを自分自身でたしかめることによって、錯誤の上に築かれていたものが一気に、もしくは徐々に崩れる。そして「正気」になったあと、新しい土台が出現する。

この見落としや錯誤の正常化について言うと、ダグラス・ハーディングの実験は、たぶんだが、それ以上のことをしている。見落としていたものを見るだけではなく、その見落としていた主体とずっと見ていたさまざまな対象は同じものだった、さらにそれはものではなかった、そういうこともわかる。(ただしそれは、すでにそうなっていることをただ見ることだから、正常化も何も、いっさい何もしていないという言い方もできる)

ただ、人によっては、このあくまでも具体的なハーディングの実験を抽象的なものとしてとらえて、見ているものを見ないという事態も起こりえる気がする。

それに対して、ジョンのメソッドで指示されるのは、「自分が自分だというその感じを見る」といったきわめて単純なことであるため、そのメソッドや実験をどうとらえるかという態度的な要素が介在する余地はあまりないのかな、と思う。

で、ふたつのメソッドで同じものを見ているのかどうか、という点はよくわからない。

ただ、ハーディングの実験の場合にはいつも同じものが見えるはずだが、ジョンのメソッドの場合は、錯誤状態でおこなう最初のときに見えるものと、メソッド実行後に繰り返したときに見えるものはだいぶ違うのではないか、ということは感じる。だから、方向としてはこちら側を見るという点では共通しているけれども、見ているものはちょっと違うのではないかなという気はする。

それから、ダイレクトパスの本をいま訳しているせいで頭に浮かんだのだが、ダイレクトパスも「民主的」という意味では、このふたつのやり方とけっこう共通している。何かを変えることで、あるいは他から何かを教わることで何かを得るのではなく、今どうなっているのか、ということをただ見る。それによって、「ただ見る」ことがいかにできていないかを知り、それを知ることによって何かが正常化する。

ただし、ダイレクトパスの場合、成功率はわりと低いのかなあというのが僕がこれまでいろいろ見ていた中での感想だ。

ダイレクトパスは置いておくとしても、ジョン・シャーマンのメソッドをやってみて以来、ダグラス・ハーディングの方法への関心が再燃したのは事実で、どこかが関係しているからなのかなあという気はしている。

それと、どれかひとつを選ぶという話でもないんだろうとは思う。

マサさん、いま思いついたのはこんなところですが、いかがでしょうか?

追記: ジョン・シャーマンのメソッドについてミナトさんが解説されている記事もすごく参考になるはず。(ジョン・シャーマンのメソッドについてのご質問)

広告

ジョン・シャーマンとダグラス・ハーディング」への7件のフィードバック

  1. ヒロさん、こんばんは。

    「荒川良々とハライチの澤部は似ているのかどうなのか」、なんていう鋭い比喩!思わず吹いてしまいました(笑)。

    記事内容もすごく興味深く読ませていただきました。ジョン・シャーマンのメソッドのシンプルさ、ほんとに驚くばかりですよね。ご紹介していただきありがとうございます!数ヶ月間、どこに注意を向ければいいのか分からないままに試行錯誤しつつメソッドやってみたりしてました。いわゆる自我なのか、それとも、それがいったい何なのかよく分からない自分の本質の方なのか、、、とか、すごくモヤモヤしてました。

    その後、ミナトさんブログや個人セッション、ヒロさんブログの「生に対する恐れ (2) ジョン・シャーマン」記事、そして日々の試行錯誤などを通して、徐々に「ん?まさか、、、」という感じになり、「え!?このシンプルな存在の感覚!?そりゃあ、当たり前さが度を越しすぎてて見逃すわけだ」的状況に、なぜか笑いが起こりました。でも何も変わってないですが(笑)。

    自分の場合、何年も前にダグラス・ハーディングの一人で実験できるものを試してみたときは明確な洞察が特には訪れず、実験の世界観というか、日常との乖離っぷりというか、そうした雰囲気にすごく距離感、抵抗のようなものを感じ、その後はなんか敬遠してしまう感じがありました。今もそうした抵抗感はやっぱり残ってます。

    そんな中で、ジョン・シャーマンのメソッドはまったくもってシンプルで、しかも日常の中に溶け込む感じが凄いな!と思いました。ヒロさんがおっしゃるように、「単純だけれども大きな見落とし」というのが一番しっくりくる感じがありますが、自分の場合、人間が不可避的に発症する「生に対する恐れ」という表現もすごく的を射てるように感じられます。もし自分がジョン・シャーマンのメソッドを通して「生に対する恐れ」から脱却するという見かけ上の現象が起こったとしたなら、他の人が苦しみから脱却するためのアドバイスをする場合、とても日常的な表現を使うことができるな、とか、余計なことを空想したりもしてました(笑)。正直なところ、瞑想とか観照とかその他諸々、いわゆるその筋の表現ってのは日常会話には出てこない類のものなので、そういう言葉を使って自分が日頃関わってる人たちとの会話はしたくない、けど、もし何かしらそうした人たちに自分がアドバイスできることがあるならば、日常的な表現を使ってそれをしたい、とか妄想してました。

    でも、結局のところ、そんなこと考える必要はまったくないんですよね(笑)。別に考えたら考えたで、それもまったく問題ないですけど。

    劇的な体験は何も起こってないですし、思考に巻き込まれることが日常的に起こってますけど、なんだかあらゆることに対する切なさ・愛おしさを痛切に感じる最近です。ついつい勢いで長文コメントしてしまいすみません、、、

  2. kokiさん、こんにちは。喜びが伝わってきました。

    ジョン・シャーマンは刑務所時代にスピリチュアルの世界にどっぷりとつかっていた人ですが、スピリチュアル用語が邪魔にしかならないことを後に知り、今は思わせぶりな語彙、いわくありげな言葉を意図的に避けていますね。でも、そのせいなのか、特別な何かを求めている層にはまったくアピールせず、あまり広がっていないのが現状です。

    当たり前のことは当たり前すぎてスルーされるというのは、どこの世界でも同じなのかなと感じます。でも、伝わるべきところには必ずうまく伝わるのではないかとも思います。kokiさんにも伝わったようですので!

    ハーディングの実験は、僕も「紙袋とか勘弁!」と思っていたのですが、実際に集まりでやってみたら衝撃でした。これは本当に実験であって、頭で想像しても絶対にわからないことだと痛感しました (頭がないという話だけあって)。

  3. 「伝わるべきところには必ずうまく伝わる」、、、
    確かに最近は特に、そのことをひしひしと感じることが多いです。個人的な意図とはまったく関係ない感じで予期せずに触れる文章、詩、トーク、映像などから、これでもかというくらい、これを指し示されてる気がします(笑)。なぜかこのところ急に気になって童話をたくさん読んでますが、童話の物語に暗示されてることにすごくハッとしたりしてます。おもしろいもんですね、ほんとに。

    ハーディングの実験のコメント、目ウロコです!鋭いオチにヒロさんのセンスがキラリと光ってることも含めて(笑)!実験でじかに体験して確かめる、それがすごく大切なことなんでしょうね、、、食わず嫌いせず、機会があればぜひハーディングのいろんな実験を体験してみたいと思います!

  4. ヒロさん

    記事にまでしてくださってありがとうございます。

    嬉しかったです!

    どちらも試して見たのですが、どっちが良いのだろうかと判断しようとしていたところがあったと思います。

    それも問題ないのでしょうが(笑)

    ブログ今後も楽しみにしています。

    追伸

    最近はセイラーボブという方に注目し始めました。

    個人的にはジョーイロットのように難しい言い方をせずに直接確かめてみる手法を推している感じがします。

    拓さんの世界一周旅日記というブログでも紹介されていました。

  5. マサさん、喜んでいただけてよかったです。

    じつは僕も、拓さんのブログや『ただそれだけ』のAmazonでのレビュー(こちら)に触発されて、セーラー・ボブの本を最近読みはじめていたところでした。

    講話録ではなく、ボブさんが直接書いたものが自費出版されている本なのですが、けっこう癖のある表現ながら、独特の強さ、迫力があります。

  6. 『荒川良々とハライチ澤部』
    の例え、秀逸過ぎる上にツボに嵌ってしまって、何度読み返してもその度にニヘラっとさせられてます ( ̄▽ ̄)

    あ、ヒロさんお久しぶりです(笑)。

    それ以下の解説もとてもわかりやすくてスッキリしました。
    「生に対する恐れ」は私も何となくわかるようなわからないような、だったのですが、(宗教的)文化の違いなのかなぁと思いました。「単純だけれども大きな見落とし」の方がしっくり来ます。

    ジョン・シャーマン関連の記事、まとめていただいてあるので時間を取ってじっくり、と思いつつなかなか出来ずにいるのですが、気負って(目的を持ったり何か期待したり)やろうとするより、ふと思いついた時に勢いに任せてうっかりやってみても面白いかもしれませんね。(ハーディングの実験も)
    それによってちょっと大変なことになっても、それはそれで良い経験かもしれませんし(笑)。

    この(非二元)界隈に詳しくないのでダグラス・ハーディングについては初めて調べてみたのですが、百歳近くまで生きた方なんですね。
    身近にも百歳越えの親族がいるのですが、そこまで長生き出来る人達ってどこか違うと言うか、長い人生に耐えられる特殊な資質を備えている様な気がします。淡々として悲観的なところや押し付けがましいところが無くて、肚の座ったしなやかな強さを感じさせるんですよね。
    一度ご本人に会ってみたかったなぁと、非二元とは別の興味が湧いた次第です(笑)。

  7. inglewolfさん、こんにちは。

    ジョン・シャーマンの書いたものは、自叙伝は面白い読み物ですが、他のものは比較的どうでもいいのかなとは思っています。少なくとも必要ではないし、いろいろなかたちの探究、探求をしてきたタイプの人にとっては、知識による先入観も入ってしまうので、逆に邪魔になるのではないかという気もします。メソッドは「勢いにまかせて」でも、恐る恐るでも、どちらにしても効果は変わらないはずです。

    ダグラス・ハーディングは、動画や書かれたインタビューを見ると、70代の時点で、すでに間もなくこの世から去るということを前提に話をしていて、そのあと20年も生きていたのか、と思うと面白いです。しなやかなのかどうかはわかりませんが、かなり淡々としていたのはたしかなようですね。

コメントは受け付けていません。