不親切な記事

 
4月のおわり頃から、ある種の落ち込みがやってきていた。テンションが高い人間では決してないものの、落ち込むということは普段ほとんどない。だから、ちょっと意外な思いを抱きつつ、様子を見ていた。

以前親しんでいたもの (本、ミーティングの録音、録画等) にまた接してみたりもしたが、ほとんど集中できない。

「行き詰まり」という言葉が何度か頭の中で聞こえた。

そんな感じになっているとき、ふと、数ヶ月前に入手してまだ読んでいなかったある記事のことを思い出して、目を通してみた。

それをきっかけに何かが始まって、今も続いている。これについては書かずに置いておこうという気持ちになったり、逆に興奮気味に書きたくなったり、だいぶ混乱している。

混乱しているままで書き始めようとしたけれど、書かれるであろうことにはそれほど興味がないことに気づいた。それに、言葉で表そうにもその文脈がわからない。

別に「目覚めた!」とかそういうことではない。そういうこととは全然関係ない気がする。これだけで終わってしまうと答えのないなぞなぞのようで不親切で嫌だけど、書けないから終わり。

(追記) ここまで書いて投稿してから、意味のない記事だなと思って公開をやめたが、やっぱり置いておくことにした。続きは書けるところまで書く予定。

広告