『これのこと』の感想 まとめ

 
ジョーイ・ロット著『これのこと』の感想、レビューを書いていただいた方、ありがとうございます!

気がついたものから、せっかくなので、このページで順次紹介していきます。

ブログなど自分の発信の場はないけれども伝えたいことがある、という人は、このページのコメント欄を使ってもらえたら嬉しいです。

== 以下、感想とレビュー (気づいた順) ==

アセンション館通信 / その2 / その3 (pariさん)
心の癒しと意識の目覚めのために (中野真作さん)
青雀の散歩未知 (青雀さんのパートナーさん)
青雀の散歩未知 (青雀さん)
神様のかくれんぼ 〜悟りという名の蜃気楼〜 (sunflower4pさん)
おなすインフォメーション / その2 / その3
この世界で知っておくべき、たった一つのこと。 (ミナトさん)
ABSOLUTELY UNKNOWN (五十嵐香緒里さん)
どらっくすのちゃんぷる~日記。

広告

『これのこと』の感想 まとめ」への2件のフィードバック

  1. ヒロさんこんばんは。
    『これのこと』拝読しました。改めてジョーイロットの良さを認識させられる一冊ですね。
    今しかない、今からは逃れようがない、という言葉の意味がコトリと落ちた感じがします。

    『これのこと』の読後、何とはなしに『わかっちゃった人たち』を手にとり読み直してみたら
    初見のときよりも飲み込みやすくすいすい読み進められました。全体的にふんわりと穏やかさが
    感じられて、のどかで暖かな物語の短編集を読んでいるかのようでした。

    二冊とも未読の方には『これのこと』→『わかっちゃった人たち』の順番で読み進めることをお勧めしたいです。

    とりあえずのところ、私の感想はこんなところです。

    ヒロさんの益々のご発展とご活躍をお祈りいたします。ありがとうございました。

  2. voxさん、ご感想を興味深く読ませていただきました。

    『わかっちゃった人たち』が読みやすく変わったというのは、とても面白いです。僕も、ハーディングの実験の会に参加したあと、読み方がかわった本がいくらかありました (全然受け付けなくなったものもありました) が、それを連想しました。『これのこと』は、探求の根っこのところに影響するのかなという気がしています。

    どうもありがとうございます。

コメントは受け付けていません。