保証付き悟り講座 ジョーイ・ロット

 
フレッド・デイヴィスの750ドルの「(事実上の結果保証付き) 覚醒コース」についての議論をきっかけに、非二元のメッセージをパッケージ化して課金することの是非が、去年の終わり頃からちょっと話題になっていた。

その流れから出てきたようには見えないけれど、ジョーイ・ロットも同じようなトピックで昨年末に記事を書いている。訳してみた。

原文: YouTube Comments Regarding Finders Course

== 以下、訳 ==

Youtubeで公開している僕の動画のコメント欄に、残念なことだけど、ファインダーズコースの宣伝が書き込まれた。今日そのことに気づいた。その宣伝コメントに対して返答した内容をこのブログにも写しておきたい。ブログのほうがたくさんの人の目に触れるだろうし、そうすればインチキに騙される人が少しは減るだろうから。

**

Youtubeは君のコメントを迷惑コメントに分類したけれど、僕は承認した。といっても、Youtubeの判断は正しい。たしかに無差別な宣伝行為だ。それでも僕が承認したのは、自動プログラムじゃなくて人間が書いた投稿のように見えるし、内容的にもちょっとは関連しているから。

その上で、コメントに返事をしたい。僕の考えを書こう。僕がこのファインダーズコースのことを知ったのは数週間前で、友人からのメールの中で触れられていたからだった。それから数日後に、ある知人がファインダーズコースから送られてきた自動送信メールをひとつ僕に転送してきて、このコースについてどう思うかと僕に尋ねてきた。彼は興味を持ったようだった。

その自動メールの内容は、ネット上の最悪のセールスレターのさらにもっとも酷い見本だった。すべてが曖昧、すべてが空約束、すべてがデタラメ、それにめちゃくちゃ強引。申し込め 申し込め 申し込め 今 今だ 今すぐ これが最後のチャンス! 「最後のチャンスって、何の?」と思うかもしれない。悟れる最後のチャンスらしい。コースに申し込んだ人の70%が悟りつつある。そう書いてあった。

ファインダーズコースについて読んだこと、聞いたことのすべてから「詐欺です!」という絶叫が聞こえた。(1,500ドルだったかを払って参加する人の70%が) 悟れますと約束するような人間は、絶対に勘違いしている。そうでなければ嘘をついている。まあ、このコースを運営している人たちが「悟り」という言葉を使ってないってことは僕もわかってる。彼らはそれをPNSE (永続的な非象徴的経験)と呼んでいる。でもそんなのは存在してない架空の餌にもっともらしい名前を付けてるだけだ。そういうのは、無数の人たちを騙してカルト宗教やいろんな組織に誘い込んだのと同じ種類の餌で、それに食いついてしまえば金をむしり取られるし、もっとひどいことになったりもする。

金儲け。それは別にいい。なにも間違ってない。でも嘘はだめだ。金を巻き上げようとして嘘をつくのはやめよう。

それからPNSEを求めている人たちに一言。面白いことを教えよう。これがすでにPNSEだ。たった今のこれが。何をどう信じていても関係ない。詐欺師が何を言ってようと関係ない。これがPNSEだ。それを確信したいという人がいたら、たった今、体の緊張を全部手放そう。頭をリラックスさせる。肩をリラックスさせる。呼吸が自然にリラックスするままにする。機械的に呼吸するんじゃなく。どんな思考もイメージも感覚も信念も強迫衝動もどんなものも、今起こっているまさにそのとおりにしておく。そして、たった今起こっていることとは別のものが何かあるかどうかに意識を向けてみる。それから、今起こっていることについて絶対確実にわかることが何かあるかどうかに注意を向ける。そして、今起こっていることについての思考や観念が、今起こっていることが起こるために必要なのかどうかを意識してみよう。

まさにこれなのだ。何か別のものを探すのをやめよう。それは初めは心地よくないかもしれない。不快さがあったらそのままにしておく。今だけでいいから、探すのをやめてみる。今だけでいいから、手放そう。今だけでいいから、くつろぐ。そうすると、これがずっと求めてきた平安と自由だってことが自然とわかる。そして、手放しつづけよう。

ジョーイより

**

ちなみに、上のコメントを今読んでみて、追加しておきたいことが出てきた。コースを開くこと、お金を取ること自体は問題じゃない。問題にはなりえない。何といっても、時間をかけて知恵を伝えるわけだから、支払いを受けるのは別におかしいことじゃない。それに、何かを売るためにネットの最新知識を生かすことには潜在的な価値もある。僕だって自分のサイトにメールアドレス登録フォームをつけてる。ネット販売のテクニックについてもけっこう詳しい。でも他のことと同じで、知識は賢明に使うこともできれば、バカな使い方もできる。優しさや誠実さのためにも使えるし、騙すためにも使える。僕が言ってるのは、前者の使い方のほうが不真面目じゃないっていうそれだけのこと。

ごまかすのは本来的に悪だってことはないけれど、自分なりの価値観を持つ権利は僕らひとりひとりにある。僕自身の価値体系はものすごく柔軟だし、価値観は真理とは関係ないってこともわかってはいる。でも、たまたま僕の場合は誠実さと優しさに価値を置く傾向がある。だから、僕の無料動画をダシにして高価で詐欺的なインチキコースを宣伝しようとする人がいたら、僕はたぶん見過ごすことはないと思う。

== 訳は以上 ==

広告

保証付き悟り講座 ジョーイ・ロット」への1件のフィードバック

  1. 参考になりました。 あと、 覚醒しても ジョーイのこのような特徴は消えないんですね  ちょっと興味をもちました。

コメントは受け付けていません。