ジョーイ・ロット本の予定

 
ジョーイ・ロットの翻訳本がようやく形になりつつある。3月に印刷製本をして、4月の中頃に発売できる予定。

タイトルは『これのこと』。2冊の原書を合体させて、動画シリーズのQ&Aをくっつけたもの。

『わかっちゃった人たち』のときは、最初に刷った分がすぐに売り切れてしまって困ったから、今回は思い切って部数を増やしている。

目次はこんな感じ。日本語版用にジョーイにまえがきを書いてもらった。

===

日本語版へのまえがき

しなくてもいい努力 ― 今すでにあるものへの直接の道
はじめに / たどりつくのは思ってるほど難しくない / 壮大な観念 / 自己の存在を否定すること / 賛成の反対は… / 非二元と現象 / 信じること / もっと深い理解 / 正しい系統 / ヨガ / 瞑想 / 意識拡大物質 / 好ましい変化 / プラス思考 / もっとしっかりと今にいる / マインドから抜けられない / 時間が必要(時間を確保するために) / シャドウ / エゴ / 分離感がある、一体感がない / 選択はある? ない? / 「私」または真我を見つける / 危険についての思考 / 安定 / 恐れがなくなる / 「スピリチュアル」な経験 / あと少しで / 先生に会う / 食べ物 / 頭ではわかっているけど… / まだそれを生きていない / 思考を止める / 観察者になること / 幻想を消す方法 / 消えるという恐怖 / 自分がいないことの悲しみ

誰もいない ― あるということの単純さに気づくためのガイド
はじめに / 求めているって、なにを? / なにも変わらない / 知覚 / 自己探究 / 思考 / 視覚 / 聴覚 / 感触 / 関係 / 終わりも到達もない

非二元についてのQ&A ― 動画シリーズ Nothing In The Middle より
サット・チット・アーナンダ / すべてを解き明かした人 / ラベルや解釈を現実に重ねる / 意識は個人のものか / 自分についての思考 / エックハルト・トールの美しい表現 / ニサルガダッタ曰く / 自由意志がないとは思えない / 意識のありか / 今あるものとは? / 言葉の意味 / 個人的視点の消滅 / 目覚めた人に会いに行くこと / 決められない / 見方を変えるには / 「自分」が消滅する経験 / 境界はやっぱりある / 探求を終わらせたい / 性質がないもの / 複数のここ?

訳者あとがき

===

『わかっちゃった人たち』と同じ倉茂さんにデザインをしてもらった。今回は帯もついている。発売日がちゃんと決まったら、また案内します。

広告

ジョーイ・ロット本の予定」への9件のフィードバック

  1. ジョーイの本、とても楽しみです。
    目次を見ているだけでも、期待で嬉しくなってきます……「意識拡大物質」って何だろ ? とちょっと気になりました(^^)
    それにしても、『これのこと』っていうタイトル、良いですね。
    ヒロさんのセンス、さすがです !

  2. ネムノキさん、コメントありがとうございます。

    「意識拡大物質」とは、いわゆる幻覚剤のことです。ジョーイはいろいろな幻覚剤を試したことがあるようで、その関係の話もいくつか本には出てきます。

    日本語タイトルはしばらく悩んでいたのですが、ふと思いついて決めました。気にいっていただけて嬉しいです。

  3. ヒロさんありがとうございます。

    幻覚剤(^-^) ! そういえば、以前ドラッグとかの話もされてましたね 。
    様々な意識状態を探っていたのか……
    ジョーイは本当に色々なものに関心がありますね。彼ならではの表現が楽しみです。

    タイトルは、一度聞いたら忘れられないインパクトがあると思いました。

  4. はじめまして。

    いつもブログ楽しみに見ています。
    特にジョーイロットの記事は一気に読んでしまうくらい好きです。
    貴重な記事を翻訳していただきありがとうございます。

    本も楽しみにしています。

  5. マサさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

    ジョーイの記事は好きな人が多いですね。読まれている記事の統計を見ても、ジョーイ・ロットとジョーン・トリフソンが圧倒的に多いです。繰り返し読んでいる人が多いのかもしれません。

    彼の最近の文章が紹介できていないので、ぼちぼち訳していきたいとは思っています。

  6. はじめまして。
    いつも記事を楽しみにしてます。
    特にジョーイロットの記事に随分救われました。苦しいを体験していて、
    そんな風になりたくなかった自分と罪悪感と思考にまみれ、
    本当に生きているのが苦しくて、もがくような思いで偶然みつけ、
    泣きながら毎日見てました。
    やっと、色々なことがハッキリ見えて
    逃れることでも辿り着くことでもなく、
    ただただ、私はこの場所にいて弱いまま
    、そのままの自分にくつろぐことができるようになりました。
    本当にありがとうございます。
    本出たら、ぜひ購入させて貰います。

  7. ティコムーンさん、はじめまして、こんにちは。

    コメントをどうもありがとうございます。

    ジョーイの言葉は、本当に苦しんだ場所から出てくる表現なんだろうという気がします。彼にも伝えます。とても喜ぶと思います。

    すでに探求が終わっているとしたら、今度のジョーイの本は内容的にはそれほど響くものではないかもしれません。ですが、読んでいただけると嬉しいです。

  8. 初めまして。
    本を購入していたら「これのこと」という本があり、言葉に引かれて検索してここに来ました。
    こちらの記事をまだ読んでませんが、これから拝見させていただきたいと思います。
    翻訳家の方なんですね、素敵ですね。
    「これのこと」・・内容も解りませんが何だかこの表現とてもいいですね。

  9. ヤッチさん、初めまして、コメントありがとうございます。

    翻訳家ということでもないのですが、いくつか好きな本を翻訳させてもらっています。この『これのこと』は特に好きなものなので、タイトルはうんうん唸りながら付けました。短い言葉ですが、多くのことを示しているような気がしています。(「多くのこと」なんてものはない、ということも含めて)

コメントは受け付けていません。