疑いようがないこと レオ・ハートン

 
レオ・ハートンのインタビュー音声から、興味深い部分を抜粋してみた。

レオはメールやフォーラムを使ったQ&Aは盛んにやっていたものの、ミーティングやインタビューの誘いはほぼすべて断ってきたという。だから、じつはUrban Guru Cafeのこのインタビュー (2009年) は貴重な音源だ。Urban Guru Cafeについては、昔の音楽をかけたりする雰囲気が気にいったからなのか、イエスという答えが出てきてしまったらしい。

Urban Guru Cafe (63. LEO HARTONG)

== 以下、インタビューからの抜粋 ==

Q. 現実とは何なのかを言い表すことはできますか?

A. 言い表そうとすれば、現実の外側に身を置かなくてはならないでしょう。ですから、どのように表現したところで、その表現自体が現実の一部です。どんな表現も現実をつかまえることはできません。自分の唇にはキスできませんし、自分の目は見ることができません。それと同じで不可能です。

***

Q. すべてが幻想で、それについてはどうすることもできないのでしょうか?

A. すべてが幻想だと言うのであれば、そうやってすべてが幻想だと言うこと自体も幻想です。幻想というのは真実ではないという意味です。ですから、すべてが幻想だと言うのなら、その言葉も幻想だということになり、つまりそれは真実ではありません。火に触れれば熱いし、水に触れたら濡れます。そして車が向かって来ているときによけずにいれば問題が生じるでしょう。つまり、すべては幻想だと言ってもべつにかまいませんが、幻想と呼んだとしても現実と呼んだとしても何も変わりません。違うラベルを貼りつけているだけです。

***

Q. これは、〈認識〉がつねに起こっていると気づくことに関する話だと言ってもいいですか。展開するストーリーについての話ではなく?

A. はい、ストーリーも展開している対象のひとつです。(中略) ストーリーはすごく魅惑的です。それがストーリーの性質で、誰もがストーリーを好んでいます。(中略) ストーリーを演じながら、演じているということを忘れてしまうのが私たちの性質です。

Q. では、自分の本質を忘れたくない人がいたらどうなるでしょうか?

A. それは、自分の本質を忘れたくない登場人物としての現れが起こっているということです。

Q. つまり、そのすべてが〈認識〉の中で演じられている劇だということですね。

A. そうです。そして、それを〈認識〉と呼ぶこと自体も、登場人物がすること、ゲームの中の何かです。というのは、〈究極の主体〉というのは対象になりえないものですが、それについて話そうとすれば必ずそれを対象にしてしまうからです。(中略) つかもうとしてもいいですが、その試みそのものがつねに気づかれているわけです。私は今ここにいて、今ここにすでに〈認識〉がありますが、私が〈認識〉をひとつの対象として知ることはありえません。〈認識〉がただあるだけです。〈認識〉を認識する必要はありません。光を照らす必要がないのと同じです。光は光で、〈認識〉は〈認識〉で、あるということがあります。〈認識〉はあらゆる人を知っていますが、〈認識〉を知っている人はどこにもいません。あなたにはあらゆるものが見えているでしょう。でも視覚そのものは見ることができません。すべてが見えるのは光のおかげですが、その光は見ることができません。(中略) 〈認識〉は認識できないものですが、すべてを知っています。(中略) ですから、その意味ではこれはすごく明白ではっきりしているわけですが、そうでありながら、つかむことができません。逆説的でありながら、逆説的ではありません。単純でありながら、単純ではありません。そして、ここで疑いが生じるかもしれませんが、疑いがあるということを何の疑いもなく知っている何かがそこにはあります。その確かさはいつでもあるんです。

== インタビューからの抜粋は以上 ==

広告