ジョーイ・ロット版「悟りとは何か?」

 
ジョーイのブログの新しい記事。レオ・ハートンのインタビューの抜粋はつぎの更新時には (たぶん)。

原文: What Is Enlightenment? (joeylott.com)

== 以下、訳 ==

悟りとは何か?

最近のメールのやりとりから。

Q. 悟りとは単に、あるのはこれだけだということを見かけ上のあらゆる瞬間に覚えていること、または〈これ〉がそれなんだという気づきのことだと言ってもいいですか?

A. そうじゃない。悟りなんてものはない。悟りというのはおとぎ話で、それはどんな場合でも空想上の過去や未来との比較になっている。でも実際は、いつでもたった今あるとおりのこれがあるだけで、これがこれ以上になったりこれ以下になったりする可能性はない。これが全体性だ。すでにそうなっている。覚えておくべきことなんか何もない。

とは言っても、理屈に合わないように聞こえるかもしれないけど、問い直されていない前提や条件付けの催眠にかかって、これのほかに何かがあるっていう偽りの感覚が生まれたりすることもある。悟りを追求すると、どれだけそれが微妙なかたちで行われたとしても、そういう強迫的な感覚のエネルギーを必ず強めてしまう。悟りと呼ばれるものがあるとしたら、実際にはそれはこれ以外の何かを手に入れるってことじゃない。これのほかに何かが存在しているっていう錯覚を見抜くことだ。そしてそれは今この瞬間に見抜ける。今あるとおりのこれとは別の何かを求める緊張や衝動をくつろがせ、やわらげることによって。

== 訳は以上 ==

広告

ジョーイ・ロット版「悟りとは何か?」」への2件のフィードバック

  1. ヒロさんこんにちは。お久しぶりです!お元気ですか?
    ジョーイさんの言葉、ますますシンプルでダイレクトになってきた感じがしますね。
    ほんと、この数行でおしまいですね(笑)

  2. 青雀さん、こんにちは。コメントありがとうございます。最近、新しい写真をたてつづけにブログに掲載されていて、嬉しく見ていたところでした。

    Facebookでこの記事に関してジョーイに絡んでいた人がいたようなのですが、けっこう丁寧に説明する感じで対応していました。ダイレクトだったり、説明的だったり、いろいろできるんだなと感心しました。

コメントは受け付けていません。