非二元のよくある質問 グレッグ・グッド

 
レオ・ハートンのインタビューの一部を紹介しようと思いつつ、ほかのことに目が向いてしまい、結局こちらを先に。グレッグ・グッドがまとめたもので、彼らしいと言えば彼らしい内容。

原文: The Top 100 Questions in Nondualism

== 以下、訳 ==

非二元のよくある質問 100

どこで拾ったか

ここにまとめたのは、私が1996年以降、非二元の教えのいろいろな流れに継続的に関わってきたなかで、目にする機会、耳にする機会がもっとも多かった質問だ。こんなところからピックアップした。

・対話や質疑応答をおさめた書籍
・サットサン、授業、ミーティング、セミナー、リトリート、そしてニューヨークで私たちが開催している非二元ディナー
・非二元をテーマにしたネット上のグループでの無数の投稿
・自分がした会話 (あるいは小耳にはさんだ会話)
・私自身に向けられた質問

いろいろ人がそれぞれいろいろな段階で出した質問を集めている。頻繁に接する質問もあればそうでないものもあるが、どれも非二元について教えられている場面で出てきた質問だ。頻度が高い順に並べるかわりに、アルファベット順 (訳注: abc順。訳はあいうえお順にはしていない) に並べた。そして一番よくある質問を最後に書いた。

答え

見ればわかるとおり、それぞれの質問に「答え」は与えられていない。これは、こうしたテーマについて深いところから出てくる答えは、命題ではなく、相互作用的なものだからだ。つまりこういう質問が出される場では、「XはYである」というような命題のかたちで表されるものは必ずしも答えとは見なされない。むしろ、質問の土台にある衝動を落ち着かせるものが答えとなる。ある人にとっては哲学的な論述が答えになるかもしれないし、別の人にとっては質問の土台に何があるかを考えさせられることが答えになるかもしれないし、場合によっては禅で見られるような「喝!」が答えになることもあるだろう。

質問

  1. 意識、意識と意識の話ばっかり! 意識は脳で発生しているんじゃないんですか?
  2. 動物や赤ちゃんはすでにそういう状態にいるんですか?
  3. スピリチュアルな能力は悟ったしるしなんですか?
  4. 自己認識を達成するのを助けてくれる方法はありますか?
  5. 非二元の認識に近づける手法はありますか?
  6. 伝統的宗教は邪魔になるんでしょうか?
  7. 仏教では空性について教え、アドヴァイタは意識について教えます。空性と意識は同じことですか?
  8. 二元論者も悟ることはあるんでしょうか?
  9. 悟った人がほかの人にひどい行いをすることはありますか?
  10. この知をほかの人に送ることはできますか?
  11. 自由意志はありますか?
  12. サンスクリット語、パーリ語、あるいはヘブライ語を学ぶ必要はありますか? そうしたものは神聖な言語であり、自己を認識することについて言えば英語よりも適しているそうですが。
  13. 生きているグルに学ぶ必要はありますか?
  14. 祈りや信心深さは非二元と相容れないのでしょうか?
  15. 悟った人には感情がありますか?
  16. 記憶は、世界や自分が実際に存在していたという証拠にはならないのでしょうか?
  17. 私たちが同じ木を見ているという事実は、物体が外部に存在しているということの証拠にはなりませんか?
  18. 二元性につかまっているまさにその最中にマインドに気づくにはどうしたらいいでしょうか?
  19. 自分そのものであるというこの意識を経験するにはどうすればいいでしょうか?
  20. 頭でだけ理解しているレベルを乗り越えるにはどうしたらいいですか?
  21. 自分自身が存在していないということをどうすれば認識できますか?
  22. どうすれば苦しみが終わりますか?
  23. 相対的なものが自分を絶対的なものに導くということがあるのでしょうか?
  24. 世界が存在しないなんてありえますか? 私はちょうど足を岩にぶつけたところですよ!
  25. 概念のレベルを超えて、それ自体を生きるにはどうしたらいいでしょうか?
  26. ストーリーに再び引っぱり込まれないようにするにはどうすればいいですか?
  27. 思考を完全に止めるにはどうしたらいいでしょうか?
  28. 主体と客体の区別はどうすれば消えるでしょうか?
  29. 自分はひとりの人間だとしか思えませんが、自分が意識だというのはどういうことですか?
  30. 非二元論と唯我論はどう違うのでしょうか?
  31. 静寂もまたひとつの対象だというのはどういうことですか?
  32. 行為者であるという感覚の喪失も、微妙とはいえなにかの存在をつくっているとはどういうことでしょうか?
  33. 自己を認識するとどんないいことがありますか?
  34. 心理療法を受けたほうがいいような気がしているのですが、私の師はセラピストのところに行ってもエゴが強化されるだけで、エゴがそもそも問題の根本なのだと言います。どうすればいいでしょうか?
  35. 私は悟ったと思うのですが、まわりの人たちは以前と同じように私に接します。
  36. 何についてもまったく気になることがなくなりました。これは正常ですか?
  37. 記憶に騙されてしまいます。騙されないようにするにはどうすればいいですか?
  38. 「その状態」が一週間かそのくらい続きましたが、その後それは消えました。どうしたらまたその状態を取り戻せるでしょうか?
  39. 何十年も瞑想を続けています。これは役立っていないのでしょうか?
  40. 「自分」は観照者だということが私にはわかっています。でも私にはあなたが見えますし、あなたには私が見えます。どちらが本当の観照者なんでしょうか?
  41. 「自分」が存在していないのはわかっています。でもそれを実感するにはどうしたらいいのですか?
  42. 何かができるような誰かはどこにもいないのは知っていますが、どうすればそれを実感できますか?
  43. 自分が意識以外のなにものでもないことはわかるのですが、本に書かれているような人生を変えてしまう根底的なシフトは経験していません。これは問題でしょうか?
  44. 自分が真我であることは認識できています。でもそれを忘れないようにするにはどうすればいいですか?
  45. 悟りたいと思っているということは、どこかに至れる個人という幻想がまだ残っているという意味だと気づきました。この幻想を消し去るにはどうしたらいいでしょうか?
  46. 私にはあなたが見えて、あなたには私が見えています。他者はいないという教えがありますが、なんのことでしょうか?
  47. 「すること」をしない生活を数週間続けることができました。でも「すること」がまた戻ってきました。どうしたら二度と戻ってこないようにできますか?
  48. スピリチュアルの本を読むのをやめなさいと言われました。これは私がもうすぐのところまで来ているという意味なのでしょうか?
  49. 悟りという概念は悟っていない人たちのためのものにすぎないと聞きました。どういう意味ですか?
  50. 意識が自分の本質で、あらゆるものは意識なのだとしたら、あなたが見ているものが私に見えないのはなぜなのでしょうか?
  51. 意識だけが存在していると言いますが、世界もその中の人々やものごとも存在しているように見えます。なぜですか?
  52. 教えている人が仏教やヒンドゥー教の教えに従い続けているとしたら、それはその人はまだ悟っていないということなのでしょうか?
  53. すべては意識だと言いますが、そう感じられないのはなぜですか?
  54. 悟ったら幸福感がずっと続くのでしょうか?
  55. 行為主体だという感覚がなくなったら、罪悪感は一切なくなりますか?
  56. 私がワンネスを認識したら、私の家族はどうなりますか?
  57. すべては単に意識なのだとしたら、朝起きてベッドから出ないといけない理由があるでしょうか?
  58. 道徳も善性もなにも存在していないとしたら、第二、第三のヒトラーが現れるのを防ぐ方法はなにかあるのでしょうか?
  59. 悟った人は教えることになるのでしょうか?
  60. 教えているということは、その人は悟っているという意味ですか?
  61. どんな存在もいないとしたら、なぜ悟りについて話すのですか?
  62. 意識というのはエネルギーや空間のようなものでしょうか?
  63. 無生物に意識はありますか?
  64. 輪廻はあるのでしょうか?
  65. 行為者性について話す人は数多くいますが、どうしたら行為主体の感覚をなくせるでしょうか?
  66. グルが言うには、私は悟っています。でもそんな感じはしません。
  67. 〈理解〉を得た人がそれを失うことはあるのでしょうか?
  68. 静かにしていなさいとラマナは言いました。どうすれば静かにできますか?
  69. 修行は役立つという先生もいれば、修行は害になるという先生もいます。どちらが本当でしょうか?
  70. 苦しんでいる人たちがたくさんいますが、問題は何もないと非二元では言われます。どういうことですか?
  71. 悟った人にはどういう特徴がありますか?
  72. こういうことは〈愛〉とどう関係しているのでしょうか?
  73. 死んだら何が起こりますか?
  74. 悟ったら何が起こりますか?
  75. 悟りとは何でしょうか?
  76. 神と意識はどう関係していますか?
  77. それはどんな感じなのでしょうか?
  78. 生きる意味とは何ですか?
  79. 究極の真理とは何でしょうか?
  80. 観照者とは何ですか?
  81. 何のせいで私は束縛されているんでしょうか?
  82. 先生に何を期待すべきですか?
  83. すべての人が自分の本質を認識したら何が起こりますか?
  84. 非二元論と二元論の違いは何ですか?
  85. プログレッシブパス、ダイレクトパス、ネオ・アドヴァイタ、アドヴァイタ・ヴェーダーンタとは何でしょうか?
  86. 存在していないという経験をしたとき、怖くなりました。自分が消えてしまうんじゃないかと。
  87. 自分の本質を認識したとしても、痛みを感じることはあるのでしょうか?
  88. ダライ・ラマに会ったときには何のエネルギーも感じませんでした。でも私の好きなサットサン・ティーチャーに会いに行くと、いつでも部屋の全員が至福でうっとりします。どちらがより悟っているのでしょうか?
  89. ほかの人たちに会うと、自分とその人たちが分離している感覚があります。どうしたらこれを超越できますか?
  90. サットサンに出ていると平安と歓びを感じます。つぎの日になるとそういう感覚は消えます。つねに保ち続けるにはどうしたらいいでしょうか?
  91. 現象はどこから現れるのでしょうか?
  92. バクティとジニャーナのどちらが易しい道ですか?
  93. 私たちはなぜここにいるのでしょうか?
  94. 「わかる」人たちとそうでない人たちがいるのはどうしてですか?
  95. あなたはなぜ教えているんですか?
  96. そもそもなぜ分離感があるのでしょうか?
  97. 熟睡しているときにマインドも体も世界も存在しないのはなぜですか?
  98. 無ではなく何かが存在しているのはどうしてでしょうか?
  99. 「自分」という個人的感覚がなかったとしたら、人間はどうやって機能できるのでしょうか?

そして最後に、非二元でもっとも多い質問の第1位。

  • どうやったらそこにたどりつけますか?

== 訳は以上 ==

広告

非二元のよくある質問 グレッグ・グッド」への3件のフィードバック

  1. 1位はやっぱり、っていう感じですね。定型的答えはその「どうやって?」っていう探究者が消えなければだめなんです、でしょうけど、そう言われてもやはり「どうやったら探究者が消えるんですか?」と聞きたくなってしまう。その「どうやって?」自体が探究者だとわかっていても、ですね。ラメッシ・バルセカールとか読んでもやっぱり「うーん、、、」って思ってしまいます。

    ところでヒロさんは大和田菜穂さんとかは興味ないんですか?(4月にナチュラルスピリット主催で日本でトークをされるみたいですけど。
    http://ameblo.jp/kachumin0724/entry-11967628881.html

  2. かちゅみんさん、「大和田菜穂さんとか」の「とか」が誰を指すのかわからないので答えづらいですが、大和田さんについては半年ほど前に間接的ですが記事を書いたことがあります (これ) 。

    5年後に何を言っているのかなという関心はあります。ジェフ・フォスターにしてもスコット・キロビーにしても、最初はいわゆる「妥協のない」メッセージから始まり、今はずいぶん変わっています。トニー・パーソンズでさえ、著書The Open Secretは何度も改訂しています。ジョーイ・ロットの場合も微妙ですが変化しています。

    一般論ですが、伝えはじめた直後のメッセージには、学生の社会批評、あるいは親になったことのない人の教育論と似たような側面があると思います。それがいいか悪いかという意味ではなく、僕としては単にそういう表現には今はそれほど興味がわかない感じはあります。と言っても、それがまたどう変わるかはまったくわかりません。

  3. はじめまして。菜穂さんのYouTubeを見て、トニー・パーソンズの名前を聞き、検索したらこちらのウェブがあって、読んでいたら菜穂さんのことがコメントされていて…繋がっている感から、ただコメント書いてます。まだ探求したいので他の記事も読ませて頂きます♪

コメントは受け付けていません。