「聖地」と『わかっちゃった人たち』

 
3月16日追記: 増刷分がAmazonを含む各ネット書店に入荷している様子。
3月13日追記: 増刷分が書泉グランデジュンク堂ネットストアに入荷した模様。
2月25日追記: 増刷についての記事を追加。こちら
***

『わかっちゃった人たち』の在庫が少なくなっているという連絡が数日前に出版社からあった。店頭在庫はたくさんの書店にまだあるはずだから、すぐに完売になったりはしないと思う。でもAmazonでなぜかランキング100位に瞬間的に入ったりもしていて、もしかしたら増刷しないといけなくなるかも。

『わかっちゃった人たち ― 悟りについて普通の7人が語ったこと』
サリー・ボンジャース(編)
価格:1,500円+税

喜んでいればいいのかどうかはわからない。増刷するとしたらその印刷費用は全部前払いだし、題名がキャッチーだから買われてしまったというだけで、すぐにブックオフ送りになるかもしれない。

でも、大喜びすることがひとつあった。

スペースまほろばの中野真作さん (心の癒しと意識の目覚めのために) の粋なはからいで、神保町の書泉グランデ4階に『わかっちゃった人たち』が並んでいる写真を送ってもらったのだ。

書泉グランデ 4F 入り口

書泉グランデ POP

フロアの入り口にある新刊コーナーに並んでいるという。しかも味のあるポップまで付けてもらっている。でも、もっと嬉しいのがこの光景。

書泉グランデ4F 精神世界

精神世界コーナーに、けっこうな数が平積みになっている。しかも最前面。

書泉グランデにはずっと通っていた。高校時代に新左翼セクトの新聞を買いに行っていたのは別としても、大学時代も就職してからも、精神世界コーナーにはかなり頻繁に通っていた (当時はたしか2階にあって、階段を上がるとすぐだった) 。

OSHOやクリシュナムルティなどの定番だけでなく、ヴェーダーンタ協会、サイババ関係、霞ヶ関書房、ナーラーヤン内垣、ダイジ、そしてEOと、他ではめったに見かけない本がたくさん並んでいたからだ。マニアックな雑誌のバックナンバーもあふれていた。そして、なぜか居心地もよかった。ときには、地下鉄の神保町駅を出たらグランデに直行して立ち読みしてから何冊か書い、そのまま神保町駅に舞い戻って家に帰るということもあったほど、グランデ一本だった時期もあった。(山の道具を見たり、後楽園の場外馬券場に寄ることもたまにはあったけど)

だから、書泉グランデの精神世界コーナーは僕にとっては聖地のような場所だ。その聖地に自分が訳して自費出版した本がこんなふうに並べられているというのは感動的で愉快な光景で、この本を出してよかった!とまた思ってしまった。

中野さんが書泉グランデの方と別件でコンタクトしたときに、この本が並んでいる光景を送ってもらうようわざわざ依頼してくれて、そうしたらすぐに担当者の方から3枚も送っていただけたということだった。中野さん、フロアリーダー様、本当にどうもありがとうございます。

===
書泉グランデ
ウェブサイト (精神世界のページ)
東京都神田神保町1-3-2
電話 03-3295-0011
===

関連記事 『わかっちゃった人たち』発売について
(何人かの方々の感想へのリンクも)

***

で、このあとは今度こそダグラス・ハーディングの紹介記事 (Raptitude) の和訳シリーズに戻る予定。

広告