この魚、何?

 
山梨に移ってきてから、釣りを再開した。学生時代に江戸川でぼんやりと鯉釣りをしていた日々以来だから、相当久しぶりだ。

最初はマブナを探していたのだが、どうも近所の川や沼にはフナはいなくなっているらしく、途中からオイカワ狙いに変えた。

そのうちに息子が海に行きたいと言いだし、今年の夏に静岡の海に釣りに行ってみた。そうやって、海釣りが始まった。

海は小学生のときにおじさんに連れて行ってもらって以来だったのだが、おいしく食べられる魚がいろいろ釣れるというのは単純に面白い。夏休み以来、山を超えて何度も静岡に行っている。(昨日も伊豆で寒風に吹かれてきたばかり)

あと、山梨に移ってきて以来、なんとなく野菜作りを中断していたのだが、こちらもなんとなく再開したいような気分になっている。

畑で野菜をとって、海で魚が釣れれば、あまり他のことをしなくても生きていけそうだな、などと不惑を過ぎてしばらく経つのに、空想してはニヤニヤしている。

それから、実用書やいわゆるスピ本ばかり読んできた自分としては珍しいことなのだが、最近はエッセイや文学に夢中になっている。これも学生のころ以来かもしれない。(もともとは、翻訳者としての須賀敦子に注目しただけだったのに、そこから縦に横に広がってしまっている)

そんなわけで、このブログで書いてきたような非二元とか悟りという方面の情報にはほとんど触れることなく、毎日が過ぎていっている。なにかを失ったような気分もあるが、健全な感覚、楽しい気分がすごく強い。

そう考えると、自分というここで起こっているのは、抽象度が高まるとしかめっつらになり、抽象度が低くなると笑顔になるという単純な上下運動なのかなという気もする。

などと考えだすのが抽象度高めモード。たまにはブログを書こうとなどと思わなければ、そういうモードになることはあまりなく、釣り雑誌を眺める日々だ。

帰路

追伸
1年半ほど前から準備してきた (と言っても実働は数カ月だが) 翻訳本が来月やっと出版されることになりそうだ。自費出版。費用は全部先払いだから、考えてみればけっこうな冒険だ。でも、いいものができたのだから、あとは届くべきところに届けばまあいいよねという気もしている。

広告

この魚、何?」への8件のフィードバック

  1. ヒロさん、はじめまして。
    いつも更新を楽しみにして拝読していますが、コメントははじめてです。
    なんだかわかります。健全という感覚。(笑)
    わたしも現在はこちらのブログくらいしかスピ系のものは読まなくなりました。が、そのきっかけは、ここでご紹介されているジョーン・トリフソンさんの文章だったかもしれません。今日のような、ヒロさんご自身の心境の変化とか、フツウの暮しを綴られているものも楽しく拝読しています。
    それでも、時々ふとスピ系のものを読みたくなり、本やWEBで言葉を探すこともありますが、それもなぜかすぐに飽きてしまって、まあええか…と。(笑)
    とても共感することがあり、思わずコメントしてしまいました。

  2. カオリンさん、はじめまして、こんにちは。コメントありがとうございます。

    一ヶ月近く放置しているというのもアレかと思い(なにがどうアレなのかわかりませんが)、意味もなく書いてみました。

    ジョーンの文章は反響がありますね。ジョーンの地元(オレゴン)での昨日のマンスリーミーティングは、猛烈な雪のために家から出られず中止だと彼女のサイトに書いてありました。いろいろ起こるものだなあと思います。

  3. はじめまして
    翻訳本は、一般書店に置かれるのでしょうか?
    どのような本を翻訳されたか教えていただく事は可能でしょうか?

  4. たけしさん、こんにちは、はじめまして。

    これの原著はEveryday Enlightenment (http://www.amazon.co.jp/dp/0955829038) といって、悟りとか覚醒と呼ばれる経験について(それはじつは経験とは違うということは本の中で繰り返し述べられていますが)7人が語った内容を記録したものです。この7人は本を出したり教えたりしている人ではなく、普通に生活している人たちです。

    部数が限られているので、一般の書店にはあまり出回らないはずです。Amazonや楽天ブックスなどオンライン書店なら手に入りやすいのではないかと思います。でも初めてなので、どういうことになるのか、自分でもよくわかっていません。

    宣伝の機会を与えてもらい、ありがとうございます(笑)

  5. ありがとうございます
    ぜひ購入したいと思いますので、発売になったら教えてください!

    私も学生時代、自費でCDを作って売ったりしておりました
    案の定、収支マイナスでしたが、やりたい事をやっていたため幸せでした

  6. 学生のときにCD制作販売とはすごいですね。本の売れ行きを見たら凹むかもしれませんが、作る楽しみはたしかに何とも言えません。

    来月、予約可能になった時点で告知しますので、よろしくお願いします。どうもありがとうございます。

  7. 出版本面白うそうですね。是非購入したいです。時期が決まりましたら
    購入方法をお知らせください。

  8. KOJIさん、どうもありがとうございます。

    発売日が決まったら、このブログですぐに告知します (1月の後半に発売する予定です) 。Amazon等で予約というのがおそらく最も手に入りやすいかと思います。初めてなので、すんなりAmazonで注文可能になるのかどうかも実際よくわからないのですが。

コメントは受け付けていません。