物語がないという物語

 
このことを書こうとすると、何を書けばいいのか、どう書けばいいのか、そもそも書くことに意味があるのか、そして自分はこのブログで一体何をしているのかという思考が湧いてきて、進まない。

何かと言えば、7月に山陰に行った話なのだが、ほんとうに書けない。

これまで、非二元の先生たちのミーティング等に行った話は何度も書いてきた。行くたびにすんなり書いていたなあと、今考えるとそう感じる。こんなことを求めて出かけていき、こんなことが起こり、こんなことを感じて、そして戻ってきたというかなり明快なストーリーだ。それと比べると、このことには書きづらさがある。

簡潔に言えば、ブログ「ノーマインド オールライフ アイアムザットアイアム」のアルファさんに会いに行ったという、そういう話だ。今年になってからずっと、いつか会いに行きたいと思っていた。二日間、一緒に過ごさせてもらった。

どんな発見があったか、何を得たか、という観点から言えば、たくさんのことを発見したような気もしているのだが、どうもしっくりこない。むしろ、発見できるようなことがたくさんあるんだという前提が怪しかったと気がついたとか、発見を自分のものにしようとする動きは起こるけど、それはそういう動きなんだと感じたと言ったほうが近いかもしれない。

車でいろいろなところに連れていってもらったのだが、そういう「行為」や動きまわる自分というものが不思議と背景になっていたような印象で、じゃあ何が前面だったのかと言われると、それは困る。

そんなわけで、書こうとすると困るのだ。とりあえず終わり。

広告

物語がないという物語」への10件のフィードバック

  1. あはは

    書きたいようで
    書けない

    書けないようで
    書いてる

    Storyなし
    Why?なし
    しょうがなし

    しょうがなしがなし
    たのしいな

  2. なんとなく分かる気がしないでもないような気がしないでもないですw
    その場の空間そのものとしている感じですかね。
    一歩引いた意識、知識による区別分別を通さない印象だけの感じは透明感があってあとに何も感想も残さない感覚ですね…。

  3. Alfaωさん、力が抜けるコメントをありがとうございます。

    ここで何か書こうとしてもまた何も出ません。

    豆腐さん、ありがとうございます。

    たしかに印象は強くあった気はしますが、そこから延々と始まるはずの感想や考えの連なりがない感じがして、止まってしまいます。でも、他のことについては思考フル回転で、不思議です。

  4. 目は勝手に見るし頭は勝手に考えるし
    足は勝手に歩くし思考を虫の鳴き声と同じく外も内もなく流しただけなんだからそれは繋げませんねw
    ヒロさん目が覚めたら翻訳やめちゃいそうで
    止めたいwww

  5. 豆腐さん、それは面白いです。翻訳はたぶん続かないのかなという気はしています。

    でも、何が起こるかはわかりません。そういえばこんなブログやってたんだったよ、と数年後にふいに思い出すのか、それともこれまでよりもペースが上がったりするのか、ほんとうに不明です。そもそも自分のものなのかどうか、という点がだいぶあやふやです。

  6. 「発見を自分のものにしようとする動きは起こるけど、それはそういう動きなんだと感じたと言ったほうが近いかもしれない」

    そういうことです。人生は「あるがまま」なのです。

    書くことも書かないことも、何かを得ることも何かを得ないことも、発見することも発見しないことも、そのような動きとして現れるのです。

    決して、身体=脳の中から心や人生が生じているのではありません。

    宇宙や地球、自然や社会を含めた周囲の環境と、環境の一部である身体=五感が一体となって、心や人生というものが展開していくのです。

    それは、さまざまな無数の縁起によって、インプット、アウトプットを繰り返しながら、枝分かれのように展開していくのです。

    身体の五感を通して入ってくる環境の情報量は、おそらく何千、何万通りはあると思います。

    粒子レベルから察するとしたら、目から入ってくる情報だけでも膨大な量だと思いますが、それが五感すべてを通して一斉に途切れることなく入ってくることになります。

    その膨大な情報を自分の意志で処理をし、それに基づいて自分の意志で考え、言動を起こしているのだとしたら、それは紛れもなく自由意志だと言えます。

    果たして、そこまで自覚して生きている人間がいるのでしょうか。

    これは、人間に自由意志がないと言っているのではありません。

    周囲の環境と、環境の一部である身体と、そこに展開していくその人の心や人生は、三位一体であるということなのです。

    その人の思考も感情も経験も、森羅万象が一体となって、そのような動きとして現れていて、それは自由意志でもなければ自由意志でなくもない、ということなのです。

    ブッダのような言い方になってしまいますが、森羅万象のすべては無数の縁起によって展開していくのです。

  7. はじめまして

    ええっと。 Alfaω さんに こちらを教えてもらい それから 本を開くかのごとく 拝見しています。
    重さのない 素敵な ブログだなぁって 
    美しい景色のような感じがします。

    Alfaω さんとの 時間を これまたとても わかりやすく書いてらっしゃるなぁと ニコニコ拝見しました。
    これからも 楽しみにしています。

  8. リンリンさん、はじめまして、こんにちは。

    どうもありがとうございます!

    ブログ拝見しました。毎日かあさんの巻など、最高です。今後楽しみに読ませていただきます。(読まないとき以外は 笑)

  9. ヒロさん、お返事ありがとうございます。

    わぁ 会話できて なんか 嬉しいです!
    ただ、起こっているような(物語のあるような ないような)ブログです。

    こちらこそ いつも楽しみに大切に(いっぺんに読みきらないように・笑)
    拝見しています。

    読まないとき以外は 笑  は またまた ニッコリです。
    素敵ですね。ありがとうございました。

コメントは受け付けていません。