ユーフィーリング!

 
翻訳をさせてもらった本の発売日が7月11日に決まった。Amazonではすでに予約受付中になっている。

『ユーフィーリング! ―内なるやすらぎと外なる豊かさを創造する技法』
フランク・キンズロー著

キンズロー氏の著書はこれまでに英語で5冊出ている。

Beyond Happiness: How You Can Fulfill Your Deepest Desire
The Secret of Instant Healing (瞬間ヒーリングの秘密)
The Secret of Quantum Living
Eufeeling!: The Art of Creating Inner Peace and Outer Prosperity (ユーフィーリング!)
Kinslow System: Your Path to Proven Success in Health, Love, and Life

ドイツ語版はもっと出ているようで、ドイツのAmazon.deを見てみたらこれに加えて実習シリーズといった感じの本もあった。

The Secret of Quantum Livingを読んでみると、キンズロー氏の半生を描いたページがある。いわゆる覚醒体験をした人のようで、長期の瞑想リトリートを含めて修行を長年続けたそうだ。戦後の一時期日本に住んでいて、柔道を習っていたというのは面白い。

QEはヒーリングの分野ではかなり素晴らしい成果を出しているようだが (米Amazon.comのレビューを見ると、喜びと驚きの声があふれている) 、著書を読むかぎりではそれを自分の手柄だと思っている雰囲気がまったくない。そのアクのなさは彼の覚醒体験とも関係しているのだろう。そのあたりがとても興味深い。

追記: この記事にはスパムコメントが非常に多いためコメント不可に設定しています。コメントされたい場合は、一時的に解除しますので、連絡フォームより連絡をお願いします。

広告

ユーフィーリング!」への28件のフィードバック

  1. ヒロさん、はじめまして。
    ユーフィーリング!の間のなくの刊行、おめでとうございます。
    さっそく予約しました。
    ところで、主にスマフォからこちらのサイトをずっと拝読してきましたが、今日になって目次とコメントは表示されますが、肝心の本文が表示されなくなりました。パソコンでは問題ないのですが。妻のスマフォでアクセスしてもやはり本文だけ表示されないようです。
    なにかが…、あるんでしょうか…。

  2. トトさん、はじめまして。こんにちは。本の予約、どうもありがとうございます。

    スマホだと確かに本文がまったく表示されませんね。一時的にスマホ用画面をオフにしました。かなり見づらいですが、そのうち本文が表示されるようになりましたら、元に戻そうと思います。

    お知らせいただいて、たすかりました。

  3. ヒロさん、早速の対応、ありがとうございます。
    見づらい、というほどではないです。むしろ最新記事以下の黒背景が新鮮な印象で、(ヒロさん的な表現ですが)これはこれで良いのかなという気がしています。

  4. ヒロさん、大変ご無沙汰しております!suhoです^^
    覚えてらっしゃいますか?

    翻訳出版、おめでとうございます!
    すごいですねー。
    ヒロさんの自然なお仕事といった感じがします。

    先日たまたま「それは”在る”」という本を読み
    (この手の本を読むのは久しぶりなのですが)
    その内容からラメッシを思い出したので、こちらもひさしぶりにググッてみたところ、なんとヒロさんの記事に再び出会えた、という経緯です。

    私のほうはと言えば、もう文章を書くエネルギーはほとんどなくなってしまい、時々ブログにスナップ写真をアップしている程度です^^

    それでは、また訪問します。

  5. suhoさん、お久しぶりです。本は大好きなので、本の翻訳の機会が与えられたことには単純に喜んでいます。(やってみたら、思っていたよりも相当大変でしたが)

    写真のブログ、拝見しました。以前ブログに掲載されていた柵か壁かの上向きの写真を思い出しましたが、どの目で見たらこんな風景が見えるの?という感じの不可思議さが更に出ていてすごいですね。自分は人間じゃないんだよ (たぶん、すべてを包みこみすべてである空間なんだよ) ということを思い出させるパワーというか・・・・。

    ありがとうございます。

  6. ヒロさんお久しぶりです。
    リアルワールドのkojiです。

    いや〜 この度は出版おめでとうございます。

    QEは以前から注目というかイケてると思っていたのでヒロさんが訳したと知って「おお〜〜」と思いました。

    さっそく買って読んでみましたが、やっぱりいいですね!

    今度はロバート・シャインフェルドのThe Ultimate Key To Happinessがちょとだけ気になるので訳して下さい 笑

    まあ、冗談はともかくこうやってQEの新刊が読めるのもヒロさんのおかげなのでとても感謝しております、ありがとうございました。

  7. kojiさん、お久しぶりです。どうもありがとうございます。

    僕が『瞬間ヒーリングの秘密』を書店で見かけて「ケッ!」と一度は思ったのに、やっぱり後から買って読んだのは、高木悠鼓さんの翻訳だったからということに加え、kojiさんがブログで推されていたのが実は大きいです。

    理屈もさることながら、読者に実践させるのにちゃんと成功しているというのが、彼の本の魅力だと感じます。僕自身いろいろな本を読みますが、実際にやってみることはめったにありませんので。

    このあといくつか翻訳の予定がありまして、その中にはkojiさん好みではないかと思われるものも入っています。いつになるか分かりませんが、ぜひ楽しみにしていてください。

  8. はじめまして 蓮と申します。
    ゼロ意識共鳴という セッションをさせていただいております。

    いつも 
    すばらしいシェアを
    ありがとうございます。

    このたびの ヒロさん翻訳の QE・・
    すばらしかったです。

    誘導されるままに・・
    すると
    (読んでるわけですが・・ほぼ 瞑想状態です・・)

    それが起こってくるわけですが・・

    物質の枠が 曖昧になり
    波動の海状態になります。
    あらゆる存在そのもの・・
    それが とても やさしいのです。
    どこまでもやさしい・・

    純粋なユーフィーリングは
    気づきそのものの状態・・

    その気づきそのものが
    世界として感じられた
    リアリティが
    喜びでした。

    うまく伝えられませんが・・

    存在からの
    贈り物でした。

    ありがとうございます。

  9. 蓮さん、コメントありがとうございます。

    QEでそのような感覚、状態に達することがあるんですね。本にある、QEはその作用が止まったときに成功したと言える、という言葉を思い出しました。

  10. ご無沙汰しております。本注文しました。
    別の本の出版計画はございますか?
    楽しみにしております。

  11. 高橋さん、コメントありがとうございます。

    他にも出版の計画はあります。スケジュールが具体化しましたら、またお知らせできると思います。

  12. はじめまして
    昨日書店で購入しました
    こんな凄い本の翻訳なんて素晴らしいですね、、、

    これもQE効果でしょうか?

  13. 鳥塚さん、はじめまして。ありがとうございます。

    QE効果かどうかは分かりませんが、この機会をいただいたことはとてもありがたく感じています。

  14. 先日購入した『ユーフィリング!』を一通り読み終えました。
    内容は予想以上に素晴らしく、ヒロさんの訳文は“予想通り”に素晴らしかったです。
    「訳者あとがき」も、なるほどなぁと参考になりました。
    結果を検証する一定の科学的な視点を保つことは、この分野にあっては確かに重要だと思いました。
    ありがとうございました。

  15. トトさん、どうもありがとうございます。

    検証するというよりも、どちらかと言うと、こどもが背の高さを柱に刻むようなイメージでした。必ずしも必要なことではないのですが、楽しみとしてはかなり面白いのではないかという感じです。

    嬉しいコメント、ありがとうございました。

  16. 「こどもが背の高さを柱に刻むようなイメージ」

    的確で分かりやすい翻訳の技量と並んで、このような喩えの妙も、ヒロさんの文章の大きな魅力だと思います。

    ブログの更新はもとより、次回の翻訳本の刊行も楽しみにしております。

  17. 今から10年前以上に必要に迫れて「エネルギー療法」の世界の飛び込んでしまいました。
    最近ではもっぱら「Q・E」に専念しています。
    第二の人生を女房殿と田舎で野菜作りをして静かに生活するつもりでしたが、残りの人生を他人に少しでも「恩返しをしてみたい!」などと殊勝なことを考えて「Q・E」の世界を無我夢中で彷徨っています。
    フランク氏の本は2冊とも繰り返し繰り返し読ませていただいています。
    もちろん「訳者がどなただ?」などとは全然考える余裕などない状態です。
    「瞬間・・・」の方は、少し疑念が生じたので、出版社を通じて質問したりしていましたが、今回の「ユーヒーリング」は「読んでいる・・・」っていう感覚より「読まされている・・・」っていう感じでもう3回ほど読みました。
    「ユーフィーリング」は頭での感覚では理解できるのですが、今だ「実感した!」という感覚がつかめていません。
    しかし、患者さんに施術していると不思議に結果が出ているので、「これで良いのだ!」というバカボンのパパになってしまっています。
    この「ユーフィーリング」の訳者の方が「ヒロさん」と言う方でスピリチュアルな世界では有名な方!ということを最近知りました。
    エックハルト氏の本も何冊か読ませていただいていますが、訳者によって全然違うと言うことも最近わかってきました。

    9月に東京でのセミナーは受講します。
    なんとか「ユーフィーリング」の感覚を「実感したいため」です。

    ミリさんのグループセッションにも参加したりしてもがいています。

    が、楽しい「モガキ」です。

    変なメールでスミマセンでした!

  18. 高梨さん、コメントありがとうございます。

    まだ日本語版は出ていませんが、同じシリーズのThe Secret of Quantum Livingには、QEを「成功」させるための最大の秘訣はとにかく他の人たちのためにQEをしまくることだと、何度も繰り返し書かれています。

    その意味ではまさにそのことをされていらっしゃるように感じます。

    ワークショップ参加が素晴らしい経験になるといいですね。

  19. ヒロさん、こんにちは。
    ご無沙汰しております。
    この度はご出版おめでとうございます。
    ますますのご活躍を心からお祈り申し上げます。

  20. りりおさん、こんにちは。ありがとうございます。

    テレビでまりお君の姿を何度か見ました。暑い日に一緒に睡蓮を見た日のことを、うちの息子が思い出していました。

  21. ヒロさん、こんにちは

    ユーフィーリングとても魅力的な内容でした。

    ところで訳者であるヒロさんに、このようなことをお尋ねするのは、いささかどうかと思いますが、この本に書かれているように、ユーフィーリングに浸るだけで現実世界における願望が成就するとヒロさんは本当に思われていますか?

    あと私は本を読んで、色々とやってみているのですが、どうしてもユーフィーリングなるものが何かよくわかりません。

    何かヒントをいただけないでしょうか?

  22. 港さん、こんにちは。

    僕はただの訳者なので、著者の代弁はまったくできません。実践という面でも、いまひとつだと思います。ですので、以下は一読者としての立場で書きます。

    ユーフィーリングというものと「現実世界」というものを、対立するもの、あるいは別のものとしてとらえる感覚は、面白いことにユーフィーリングを感じ続けていると薄れてくる気がします。

    それと同時に、成就させたかった願望自体に対する感じ方も変わってくる傾向があるように思います。そうなると、ユーフィーリングを感じれば〜するのだろうか?とか、何をすれば願望が成就するのだろうか?というかたちの問いの立て方が減る感じがします。

    本で何度か出てくると思うのですが、すべての望みの最終的な目標はユーフィーリングを感じることだとされています。そのあたりがキーではないでしょうか。

    ユーフィーリングが感じられない、またはどれがユーフィーリングなのか分からないという人はおそらく多いと思いますが、僕には直接的なヒントを差し上げることができません。ただ、なんとなく感じるのは、ユーフィーリングを感じたい!つかみたい!味わいたい!という「探す目線」は、ユーフィーリングとは相容れないものだということです。

    目的意識を一度置いておいて、ただ思考を見守ってみるということが起きたとき、どれがユーフィーリングなのだろう?という疑いが落ち、そこで何かを感じる、あるいは感じていたことに後から気づくという感じで、いつか自然に起こるようなものではないかなと思います。

    そう書くとわざと煙にまいているようですが、「ユーフィーリングって言ってもわからないなあ」という思考の背景にも、いつもユーフィーリングはあるのだと思います。「ユーフィーリングに浸るだけで現実世界における願望が成就するとヒロさんは本当に思われていますか?」という質問 (思考) を生んだのもユーフィーリングだと考えると、ちょっと愉快な感じもしてきます。

  23. ヒロさん 丁寧なお返事ありがとうございます。
    もう少しお聞きしてよろしいですか?

    >そうなると、ユーフィーリングを感じれば〜するのだろうか?とか、何をすれば願望が成就するのだろうか?というかたちの問いの立て方が減る感じがします。
    本で何度か出てくると思うのですが、すべての望みの最終的な目標はユーフィーリングを感じることだとされています。そのあたりがキーではないでしょうか

    これは、願望というものは、願望自体をかなえたいのではなく、願望をかなえた際に感じる幸福感(つまりユーフィーリング)を感じたいのであるから、ユーフィーリングを感じさえすれば、もはや手段である願望成就自体はどうでもよいとなるということでしょうか?

    そうすると、本に大々的にうたわれている願望成就自体は、売らんかなのための釣りということなのでしょうか?

    >ただ、なんとなく感じるのは、ユーフィーリングを感じたい!つかみたい!味わいたい!という「探す目線」は、ユーフィーリングとは相容れないものだということです。
    目的意識を一度置いておいて、ただ思考を見守ってみるということが起きたとき、どれがユーフィーリングなのだろう?という疑いが落ち、そこで何かを感じる、あるいは感じていたことに後から気づくという感じで、いつか自然に起こるようなものではないかなと思います。

    >「ユーフィーリングって言ってもわからないなあ」という思考の背景にも、いつもユーフィーリングはあるのだと思います

    少々疑問に思うのですが、人は無意識においても、快適さを求めていると思います。
    例えば、睡眠中の寝がえりや、夏に歩道を歩いているときに何となく日光を避ける動きなど。
    そう考えると、ユーフィーリングが人が求めてやまない感覚ならば、自然に知覚するというか、直接的に気がつきそうな気がします。
    思考をしていても感覚や感情には簡単に気がつきますし、ユーフィーリングが素晴らしい感覚ならば、なぜわからないのでしょう?
    「探す目線とは相容れない」とは、そういうものではないということでしょうか?

    >「ユーフィーリングに浸るだけで現実世界における願望が成就するとヒロさんは本当に思われていますか?」という質問 (思考) を生んだのもユーフィーリングだと考えると

    思考は、ユーフィーリングから生じるのですか?

  24. 港さん、一連の思考や問いが求めているものを思考のレベルで解決できるというのは、それ自体が思考の勘違いなのだと僕は思っています。

    特に「なぜ?」「どのように?」という疑問は、実際には勘違いであるばかりでなく、答えのないところに無意識的に逃げこむ思考の性質を示していると感じています。

    そのあたりを「思考を見守る」という単純なことによって超えようとするのがキンズロー氏の手法なのではないかなと、僕は一読者として理解しています。

    その意味では、いただいた質問にひとつひとつ答えるのは逆に不親切なのかもしれません。そんな気がします。

  25. ヒロさん

    意外な答えをいただいたので、ヒロさんの言わんとすることがよく理解できないのですが、お返事ありがとうございました。
    私は考えることが苦手なので、逆にいいかもしれません。
    あの本の中身はとてもいいですが、ユーフィーリングがわからないとどうにもなりませんねぇ。
    本には簡単にわかると書いてあるのですが・・・
    なんだこれかぁとわかる時が来ればいいなあ

  26. はじめまして。
    このブログは以前から拝見しています。自分では読めない英語の文章をわかりやすく翻訳していただき、興味深く読んでいます。
    (2003年のスティーブン・ノーキストの文章がすごく好きです。その言わんとするところは理解できてませんが)

    このたび「ユーフィーリング!」を購入しました。
    いつもは、アマゾンの中古本が専門の私ですが、新品を買いました。
    ヒロさんに何かお礼をしたい、という気持ちが半分でした。
    読んでみると、単なる「引き寄せ方法」ではなく、悟りに至るプロセスも含まれているような感じがして、非常に面白いです。
    さすがヒロさんだと、思いました。

    日常生活ではさまざまな願望や悩みがあり、「QEを実践しよう」となるのですが、ユーフィーリングを感じていると気持ちよくなってしまい、願望がどうでもよくなってしまいます。
    ただ、その状態にうっとりしている感じです。

    まだ、「自分の願望が実現した!」という実感はありませんが、生活が穏やかになり、ネガティブな感情が出てくる状況がかなりなくなってきたようです。

    いい本を出してくださり、ありがとうございました。
    これから出る本も期待しています。

  27. ヤスさん、はじめまして。コメントどうもありがとうございます。

    スティーブン・ノーキストのようなストレート断言系と、QEのようなミックス変化球系を同時に面白がられているというのは、ちょっと面白いですね。

    『ユーフィーリング』はいい本ですが、つぎに出版されることになっているThe Secret of Quantum Livingの方も、内容が多岐にわたっていて具体的で素晴らしい本です。

    ただし、誤解があってはいけないので一応書いておきますと、QEの本は自分で訳したいと手をあげたわけではなく、出版社の方から声をかけていただいたのがきっかけです。素晴らしい本だったのですごくよかったと思っていますが、翻訳出版を決められたのは出版社さんなので、「さすが」と言うべき先は僕ではないということは確かです。

    それはともかく、これからもいい本を訳していこうという気になりました。ありがとうございます!

コメントは受け付けていません。