奇妙なのはどちらか?

 
今月トニー・パーソンズのレジデンシャルに参加した際、ある参加者の女性と何度か話した。彼女とは帰りの列車も同じだった。イングランドの地方都市に住んでいる人で、以前2年ほどムージのサットサンに通っていたらしい。

彼女は最近覚醒が起こったということだった。その語りに耳を傾けながら様子を見ていると、まるで赤ちゃんのようで、世界の驚異に本当にびっくりしている感じがありありと伝わってきて、楽しかった。

何度か言っていた言葉の中に、bizarreという言葉がある。辞書によれば、「怪奇な,奇異な;とっぴな,奇妙な」という意味だ。

ただし彼女がbizarreだと形容していたのは、覚醒後の認識や知覚のことではない。

その逆で、覚醒前の認識や知覚がとてもbizarreだと言うのだ。個人というのが身体の中に存在していて、その内側の人間が外側にある世界を見ているという(一般的な)世界観をどうして信じていられたのか、それが不思議で仕方ないという風だった。

「だって、そんなことありえない・・・」と言いながら、窓の外の緑の丘や、暖炉の揺れる火を見つめる彼女の目は、本当に赤ちゃんそのものだった。

そのことを思い出していると、昨年フィンドホーンで出会った二人の男性のことが頭に浮かんだ。

ロジャー・リンデンのリトリートで会ったのだが、二人とも、リトリートの終わり頃に何かが起こったらしかった。

食事のときに、そのうち一人からその変化について話を聞いた。彼は、「とても奇妙だ。だが、とても自然だ。この認識に何も新しいことは無い。だが、全然違う」と、言っていた。言葉自体は覚醒が起こった時に人々が言うことと大差ない気がする。だが、彼の目が語っていたことに僕は興味をひかれた。

僕が質問をするたびに、彼の目は、「変化の前の感覚を思い出すのが難しい」という風に宙を泳いだ。方向感覚を失った人のようだった。奇妙な夢から醒めたけれどまだその余韻が残っている、という感じを受けた。

彼はbizarreという言葉は使っていなかったが、strangeと何度か言っていた。

もう一人の男性は、僕のしつこい質問にやさしい微笑みを返しながら、あまりそのことについては答えてはくれなかった。ただ、朝起きたら自分がなくなっていたというようなことを言っていた。

そして、彼の目は「君が見ている世界は、実は君が思っているようなものではないかもしれないよ」という感じで、ときおり奇妙な光を放った。

***

トニーのレジデンシャルで会った彼女は、面白いことに、自分の子どもや夫、仕事の話になると、普通の主婦の表情に戻り、しばらく話した。まったく普通に。

そして、ふと話が止まり、「bizarreだわ。こういうストーリーを信じてしまうんだから」と言って、本当におかしそうに笑った。その目はキラキラに戻っていた。

関連記事
トニーのレジデンシャル 2012年秋
ロジャー・リンデン at フィンドホーン

広告

奇妙なのはどちらか?」への5件のフィードバック

  1. いつもありがとうございます。
    覚醒した人たちのレジデンシャルに参加する目的は何でしょうか?
    覚醒していない人を助けたいのでしょうか?
    どちらも奇妙ですね(笑)

  2. 僕も同じような疑問を以前持ちました。前回か前々回のレジデンシャルで、探求が既に終わっているように見える人に何人か会ったので、なんのために来ているのか?と直接尋ねました。

    いまからすれば、答えようのない質問だったなと思います。というのは、目的というものがありえないことは明らかだからです。ジョーンが何度も何度も繰り返し書いていますが、目的は思考とストーリーの中にしか存在しません。「思考とストーリーの中では」という前置き付きであれば、もっともらしい答えは可能でしょう。

    彼らが何と答えたかよく覚えていませんが、とても印象的だったのは、「その質問がどこから出ているか、分かるかい?」とでも言いたげな表情でした。それが本当の答えだったと今は感じます。

  3. ご丁寧にご返事頂きありがとうございます。
    探求が終わった人は思考が生じないということでしょうか?
    思考がないので目的もありえないのでしょうか?
    しつこくてすみません。

  4. 僕の勝手な解釈なので、全くあてになりませんが、書きます。(ジョーン等の受け売りです)

    思考は生じますが、その思考と同一化するような固定した主体の存在を信じることが減る、あるいは、その思考と同一化した主体が存在することを信じた際にも、その状態を否定したり改善したりしようとしない、ということではないかと思います。

    なので、目的という思考は、探求を終えた人(トニーによれば、探求を終えた人というのは存在せず、探求が終われば人はいないそうですが)にも生じるはずですが、それはただ目的という思考として、非個人的なものとして認識されるということではないでしょうか。

    いずれにしても、正しい理解を得ようとする思考も、言ってみればただの思考なので、真剣に相手をしてもいいし、しなくてもいい気もします。

  5. ありがとうございました。
    思考は生じるがその中に同一化するような「私」が生じなくなるレベルなら納得できます。

    私は長い間修行系でやっていたものでたまに覚醒したいという思考がしょうじます(笑)
    「覚醒している・していない」ような人は存在しないといわれそうですね。

    また楽しみにしております。

コメントは受け付けていません。