唯一の教師 ルパート・スパイラ

 
リトリートについてのシリーズの途中ですが、ルパート・スパイラの最新のQ&Aを紹介したいと思います。

グルについてのものです。

One Teacher?

===

一人の教師?

Q. 私が最近参加したミーティングで、同時に複数の教師に従うのは良くないということが伝えられていました。このことについてどう考えますか?私自身は、いろいろな表現に耳を傾ける傾向があり、一人の教師だけに集中することは難しいのです。これは克服すべきことでしょうか、それとも自然に事態が展開するのに任せていればいいでしょうか?

A. 存在している教師はただひとりであり、それは実在です。この唯一の教師に最後まで従うことを勧めます。

人間としての教師について言うと、これについてはあなた自身のハートに従い、それがあなたをどこに導くか見守ることをお勧めします。

もしいつか、はっきりとした理由がないのに一緒にいるだけであなた自身が穏やかで幸せになるような誰かと出会ったときは、折にふれてそうした人とつきあいたいと思うかもしれません。

でも、規則は何もありません。自由と愛とに導かれてください。それが間違いないでしょう。

(Q&Aは以上)

===

以前紹介した、グルについてのフランシス・ルシールの言葉を思い出します。こんなものでした。

「複数の教師に同時に従うことはすすめられない。それは集中を妨げる。月曜日は教師A、火曜日は教師B、水曜日は・・・というのでは何も起こらない。一人の教師に従うべきだ。インドで言われているように、水を得るには1フィートの深さの井戸を1000個掘るよりも、1000フィートの井戸をひとつ掘った方がよい。」

ルパートの場合は、このようなルールは置かず、ハートに従うようにというシンプルな教えになっています。

文面から、彼の暖かい信頼の眼差しが見えてくるようです。

広告