非二元とは ルパート・スパイラ

 
ルパート・スパイラのウェブサイトの概説部分を紹介するシリーズですが、今日はNonduality(Non DualityまたはNon-Dualityとも記述されます)についてです。

NON DUALITY

===

非二元

「非二元」は、「二つでない」という意味のサンスクリット語である「アドヴァイタ」を翻訳したものです。

私たちの経験というものは、主体である「私」と対象である世界とで構成されていると普通は考えられています。このことは、「私は木を見ています」というような言葉で表現され、ここでは「私」が主体で、「木」は対象です。

このように、経験を知覚する主体と知覚される対象とに基本として分割することが、私たちのすべての経験のとらえ方を支えています。どのような経験にも、知覚する主体と知覚される対象という二つの基本的な実体が存在しているとみなされているため、この見方を二元性と呼ぶことができます。

非二元の教えにおいて表されている理解は、経験の真の性質を深く調べることによってもたらされるものであり、すべての主要な宗教やスピリチュアルの教えの核心を形作っています。

非二元の教えでは、私たちの経験は本当は「二つのもの」で構成されているのではないと述べられています。非二元においては、主体と対象、経験するものと経験されるものは、経験のなかで常にひとつであるであると考えられています。

非二元においては、見かけ上の主体と見かけ上の対象というものが、マインドによって私たちの経験の現実に重ね合わせられた、抽象的な概念であることが理解されます。

これを別の言葉で表すと、一方は私たちの自己、もう一方は世界、というような別々の実在は存在せず、それどころか、私たちの自己の実在は、世界や他者という実在とまったく同じなのだと言うことができます。

===

広告