三浦海岸のエックハルト

 
エックハルト・トールの名前を目にすると、反射的に聖子ちゃんずが浮かんでしまう、あるいは青森のあの羽柴秀吉。本人たちは真剣なのだとは思うが、どうも真面目に受け取るのが難しい。

聖子ちゃんずについて言うと、三浦海岸フェスティバル (?) で歌っているのを小6だか中1だかの頃に見かけたことがあって、会場はだいぶ盛り上がっていた。盛り上がりという意味では、世界中で本が何百万部も売れているエックハルト・トールも相当なものではある。

ただやはり、本家と比べると「う~ん」となる。

こんなことを書いているのは、最近訳にとりかかった本でマイスター・エックハルトの説教の引用があったからだ。エックハルト・トールはマイスター・エックハルトからその名前を借りたというが、「ほら、全然違うじゃん!」と思わず言ってしまうくらい、その引用文はかなりズバッと刺さってきた。そして、しばらく響いていた。

それで、図書館で『エックハルト』(上田閑照著、講談社学術文庫) を借りてきて、説教部分を中心に読んでいる。まだ途中だが、しびれた部分をいくつか引用してみたい。

 人は如何なるものをも求めてはならない。認識も、知も、内面性も、敬虔も、平安も、一切求めてはならない。ただひたすら神の御意志(みこころ)のみ求めなければならない。あるべきように正しくある魂は、神が自分に神性の全体を与え給わんことを願いはしない。また、与えられたとしても、魂は神が一匹の蚊を与え給うた時のようにそれによって何ら慰められることはないであろう。神の御意志によらずして神を認識しても、それは無である。すべては神の御意志のうちに在る。そこにこそ何か在るものがあり、それはすべて神に適い完全である。神の御意志の外ではすべては無であり、神に適わず、不完全である。(説教 一 「ひらすら神の御意志のみを」)

 さて私は、未だ嘗て語ったことのないことを、今語りたいと思う。神は自分自身を味わい給う。そして、自分自身を味わい給うその賞味において、神はすべての被造物を味わい給う ― 被造物としてではなく、被造物を神として。このように、自分自身を味わい給うその賞味において神はすべての物を味わい給うのである。
(略)
 神 (got) は生成する。すべての被造物が神と言うとき、《神》が生成する。私が未だ神性 (gotheit) の根底、神性の地盤、神性の源流と源泉のうちに在った時、何人も私に、私が何処に行こうとするのか、何をなしているのか、尋ねなかった。そもそもそこには、私に尋ねようにも何人も居なかったのである。私がしかしそこから流出した時、その時すべての被造物が《神!》と言ったのである。もしその時誰かが「兄弟エックハルトよ、何時お前は家から外に出たのか」と私に尋ねたならば、実は、私はたった今まで家の中に居たわけなのである。〔即ち、今はじめて外に居るのである。ということは同時に、今はじめて内と外の区別も区別として成立したわけである〕。
(略)
 誰かこの説教をよく理解出来たものがあれば、その人に私は喜んでこの説教を捧げたい。もし此処に誰一人居なかったとしても、私は今の説教をこの賽銭箱に向ってでもしたに違いない。これから家に帰って、そして「私は自分の慣れた場所に居て、パンをしっかり食べて、それから神に仕えたい」と言うようなあわれな人たちも多いであろう。私は永遠の真理にかけて言うが、このような人たちは、いつまでも迷いつづけなければならず、貧と異郷のうちで神につき従う人たちが到達するところに決して至り得ないのである。アーメン。(説教 四 「神と神性 ― 神は生成し、そして還滅する」)

 人が放下(捨離)し得る最高にして究極的なことは、神を神のために放下することである。聖パウロは神を神のために放下した。彼が神から得ることが出来た一切を放下し、神が彼に与えることが出来た一切、彼が神から受けることが出来た一切を放下した。聖パウロがこれらを放下した時、彼は神のために放下したのであった。そしてその時、彼に残され留まったものは、まさに、それ自身において自体的に自存する (istic sîn selbes) 神であった。すなわち、受け取られ獲得されるあり方においてではなく、それ自身においてあるという自存する自体性 (isticheit) における神が聖パウロに留まり現前したのである。彼は神に如何なるものも与えず、また神から如何なるものも受けなかった。そこにあるものは、一つの一(いつ)即ち一なる一 (ein ein) であり、一つの純なる一化である。ここに至って人は一箇の真なる人間、一真人(いちしんにん) であり、このような人には、神の存在に苦悩が生じ得ないと同じく、如何なる苦悩も生じない。
(略)
 さて、このように神の意志のうちにある人は、神と神の意志であるところのもの以外を意志することはない。彼が病気であるならば、彼は健康であることを欲しないであろう。彼が正しく神のうちにある限り、すべての苦痛は彼にとって一つの喜びであり、すべての多様性は彼にとって純露なる一性である。まことに、地獄の苦がそこにあるとしても、それは彼にとって一つの喜びであり浄福であるであろう。彼は自分自身を空却し自分自身から脱却している。われわれが受け取るべきすべてのものからわれわれは脱却していなければならない。私の眼が色を見ようとするならば、眼はすべての色から脱却していなければならない。そして、私が青とか白とかの色を見ている場合、色を見ている私の眼の視作用、すなわち見つつある働きと眼で見られているところのものとはまさに同一である。私が神を見る眼は、神が私を見るその同じ眼である。私の眼と神の眼、それは一つの眼であり、一つの視作用であり、一つの認識、一つの愛である。(説教 九 「神のために神を捨てること」)

勝手に名前を拝借しちゃだめでしょとか、そんなこだわりがどうでもよく感じられて畏れ入ると同時に、大きな可能性がつねに目の前に広がっていたことに気づいて非常に救われる。

リチャード・シルベスターの新刊が来た

 
最近は、「非二元関係で面白い人出てないかなあ」とAmazonやYoutubeを物色することもあまりなくなって、本もほとんど読んでいない。

Kyle Hoobinという「新顔」を知り、ちょっと読もうとしたが、2ページごとに寝落ちする始末。Liberation Unleashedの本 (これ) もすっかり埃をかぶっている。

単純に飽きたのかもしれないが、Takuさんのブログの存在が大きい気がする。この分野では唯一毎日読んでいる。妙な感じに落ち着く。自分という「場所」で非二元の認識(とされるもの)を保有しておく必要などないことがわかる。グレッグ・グッドが『気づきの視点で〜』の本で、悟りが特定の場所にだけ存在していて自分には無いということが如何にありえないかを丁寧に説明しているが、Takuさんの場合、そのことの直接的説明も見事ではあるものの、それよりも、その知恵が誰かのものじゃないということ、それは誰かが抱えられるようなものではないことが日々のブログ記事全体から静かに確実に伝わってくる。

すると安心する。安心や理解という状態があってそれを獲得するというのではなく、ずっとあった安心と理解の存在に気がついてホッとする感じかもしれない。

これは、トニー・パーソンズやいろいろな人のミーティングに出ていた時期の感覚とは極めて対照的だ。当時はとにかく「自分のところには無い」というところに焦点が当てられまくっていた。見るところが違った。これはもちろん彼らの問題ではなく自分の問題で、思いっきり何かを投影していたせいで、それが偏在できるものではないという単純な事実に気づけなかった。

そんななか(どんな?)、昨日ナチュラルスピリットからリチャード・シルベスターの新刊『早く死ねたらいいね!』(村上りえこさん訳) が届いた。原書は2005年に出されたもので、今回のこれはリチャードの著書としては初めての邦訳になる。ちゃんと読めるかなと思いつつ、パラパラとめくっていたのだが、けっこう面白い。原書を初めて読んだのは多分トニーのミーティングに通い始めた時期だったが、当時はおかしな読み方をしていたんだろうなあと思った。

ふたつだけ引用してみたい。

すべての言語は疑わしい。この本では、以下の言葉は特に疑いを持って扱われ、引用符が付いていると思って読まれなければならない。これらの言葉に含まれている前提はどれも誤りなのだから。

 マインド 人 過去 未来 今
 その時 時間 場所 ここ あそこ
 私 あなた 自分 選択 自由

昨夜、旧友とレストランで夕食をとっている夢を見た。勘定を頼んだが、済ませる前に目が覚めた。友人は僕の分まで払わされたのだろうか?

僕はリチャードのミーティングやリトリートに行ったことはないが、トニーのところで会った参加者の中にはリチャードをよく知っている人たちもいて、噂はよく聞いた。「先生業」を始めて以降もリチャードはトニーのハムステッド (ロンドン) の月例ミーティングにはよく来ていて、休憩タイム用の紅茶をかいがいしく準備していたという。(他の先生たちをけなしまくるトニーがリチャードについてだけは一切悪く言わないのは、そんなことがあるのかも?)

正直言うと、BatGapのインタビュー(これ) で少ししつこい質問に対してプリプリ憤慨しているのを見て、リチャードはちょっと苦手かなと感じていた。でも、完璧な人格を投影することがどれだけ宇宙的不可能であるかが少しわかりかけてきた今、そしてこの本を改めて日本語で読ませてもらった今、このリチャードという面白いおじさんはそのまま受け取ればよかったんだと気づく。ありがたいことです。

あとがきでは、訳した村上さんの覚醒話にも少し触れられていて、それも面白かった。あと本文デザインがクールな感じで、ちょっとうらやましい。笑

『早く死ねたらいいね!』 (ナチュラルスピリット 5月17日発売)

関連記事
リチャード・シルベスターのQ&A
This Is It リチャード・シルベスター
失楽園と復楽園 リチャード・シルベスター
科学の限界 リチャード・シルベスター
紅茶とケーキ リチャード・シルベスター
リチャード・シルベスターのインタビュー (2009年)

伝わることの奇跡

 
ちょっと前に、NHKで松岡正剛とコムアイの対談を見た。いかにもNHKの文化担当が好みそうな人選だなあと思いながら (「何かがありそう」感があるとすぐにひっかかる) 、なかなか面白かった。

コムアイにしか開けない松岡正剛の鍵が少し開かれたような感覚。その逆方向の動きもあったのかもしれない。松岡が春日八郎の話を出したときに、コムアイが全然知ったかぶりをしないのも楽しかった。松岡は「知らないのか」と少し残念そうだったが。

それで思い出すのは、ルパート・スパイラのリトリートでプレミアリーグの話になったときのことだ。食事中だったかミーティング中だったか今では記憶が曖昧だが、プレミアリーグの選手の超越的な動きについてルパートがコメントしたときに、そこに居合わせた人たちの中にそれを理解する人はいなかった。誰かが何か別のプロスポーツを例示して、同じように素晴らしいと言うと、ルパートは首を振って「全然違う。あの素晴らしさはわかる人にしかわからない」と半分冗談、半分本気で言っていた。

味わいを共有したいという願いが満たされないことがある。

コムアイの対談を見たあと、今度はNHKのプロフェッショナルで、知床でヒグマを追い続ける久保さんという猟師の話を見た。40年以上も猟師をしているというが、ヒグマは自分にとってどういう存在か、という質問をされたときの表情が強く印象に残った。

言葉で一応の答えはしていたが、それとは違う何かがその表情には表れていたように思った。それも、容易には共有できないものなのだろう。というか、絶対に共有できない。

昨日、ジャン・クラインのI AMの邦訳『われ在り』を送ってもらって (また役得)、パラパラと眺めていたのだが、ジャンは何を共有しようとしていたのだろう、と思った。それはこの字面から伝わるものではなかったのかもしれない。

ページ上の文字の連なりにハッとすることはたしかにある。最近もズンデルのある本を読んでいてふいに恍惚感が押し寄せてきて驚いたことがあった。でもそれは、文字が運んできたものだったのかどうか。福岡の修道女の方たちが訳されたその本は、文字ではない何かを伝えていた。そうも考えられる。

I AMは、1981年に出版されたNeither This Nor That I Amというジャン・クラインの対話集を編集し直した本なのだが、まったく違う本になっている。ジャン本人も含めて「改善された」と書いているのだが、どうしてもそうは思えない。何かが失われている。こんなことを書いたら怒られるだろうが、今度の日本語の本に至ってはほとんど別物で、数行ごとに立ち止まらせて沈潜させる何か、元の本にはあったその独特のエネルギーが失われている。

以前、ルパートの本の日本語版が出ることになったとき、本人から「お前は訳せないのか」と訊かれたことがあったのだが、ルパートの言葉から溢れる美を日本語に移す力も自信もまったくなく、すぐにお断りした。

それから、J・C・アンバーシェルの本についても、すごく好きだから訳してみたいという気持ちはある。でも、あれは無理だ、という確信もある。本の7割くらいはいけそうな気もするが、残りはまず無理だ。味わいが失われる。別の意味で変な味付けをして翻訳物として一応成立させるということはできるのかもしれないが、そんなことはしたくない。

ルパートも、プレミアリーグの一件ではすぐに黙って、それ以上説明しようとはしなかった。知床の久保さんの場合も、優しい人だから問いに対して何かの言葉は発していたが、言葉では伝わらないという諦めがあるのは明らかなように思えた。

共有するとはどういうことなのだろう。

ところで、ジャン・クラインはアドヴァイタのマスターとして紹介されることが多く、リアリティの本質をインドで認識したこともあって、インド発の系譜が強調されがちだ。でも、彼の何冊かの本を読んでいて感じたのは、必ずしもそこにこだわる必要はないということだ。スーフィーやキリスト教の伝統にも親しんでいたようで (「親しむ」では言葉として足りないが)、定期誌 Listeningではその関係の文章も多く見られる。ミーティングの対話ではそういった質問が出なかったために語らなかったのだろうと推測できるが、それもまた対話の面白さであり、対話の限界だ。

ジャンのその関係の表現に関心がある人には、Listening 10号分を全部まとめた The Book of Listeningをすすめたい。

関連記事
ジャン・クラインのインタビュー